結婚相談業のお勉強

2015/01/02 16:46

良縁をつなぐ仲人業

仲人の舘です。
どんな人でも生まれ育った家族の元を離れ、自身の家族を作ろうとする際、色んな疑問やためらいが生まれます。
特に現代は、結婚観やライフスタイルが変化していて、結婚に踏み切れない人が増えています。
それが未婚化や晩婚化につながっていていますが、そんな時代にこそ、相談ができて、背中を押してくれる結婚相談所の仲人の存在が必要なのです。

良縁をつなぐのが仲人業であり、全国仲人連合会は、まだ結婚相談所という概念がなかった時代からその活動をはじめていました。
良心的な結婚相談所というものが必要という考えに基づき、日本で初めて仲人をシステム化したのです。
今では全国仲人連合会は、北は北海道から南は九州までに支部を構え、そこには1,000人近くの仲人が活躍しています。

昔は、家族や地域、会社内には必ず世話焼きの人や、おせっかい好きな人がいたものです。
今その役割を担っているのは、数少ない結婚相談所の仲人で、結婚を後押しする不可欠な存在になっています。
晩婚化、非婚化、少子化が進み大きな問題になっている今、社会に大きく貢献できるのが、良縁をつなぐ仲人業なのです。
お世話した人が成婚したときの喜びは、我が子を結婚させるような何事にも変え難い喜びがあるものです。
仲人業は、人と人との縁を結び付ける仕事なので、会員の結婚が決まった時は、感無量の喜びを感じます。