結婚相談業のお勉強

2014/10/20 14:16

10月19日お見合いパーティーが開催されました!

仲人の舘です。
昨日は全国仲人連合会・関東地区のお見合いパーティーが開催されました。
皆さん終始笑顔で楽しそうにお話しされ、大盛況のうちに終了しました。
次回、関東地区のお見合いパーティーは平成26年12月7日です。
詳細につきましてはお問い合わせください。

2014/10/19 16:40

ブライダルアクセサリーのネックレス

ブライダルアクセサリーにもいろいろあって、一番最初に浮かんでくるのはやはり指輪でしょう。
しかし、指輪ばかりがブライダルアクセサリーではないらしいです。
調べたところ、ブライダルアクセサリーにも、いろいろな種類があるのです。
さて、ブライダルアクセサリーですが、ネックレスにもまたいくつか種類があるようです。
でも、一般にはブライダルアクセサリーといえば、イメージするのは指輪ですよね。
それをあえて、指輪ではなく、ネックレスをブライダルアクセサリーに選ぶというのも一興かもしれません。
などと思っていたら、どうやらネックレスというものは、わたしがイメージしたブライダルアクセサリーとはちょっと違いました。
よく調べたところ、婚約のために使うブライダルアクセサリーではなかったんです。

ブライダルアクセサリーといえば、二人が結婚を約束するために使うものとか、そういうイメージですが。
どうやらそうじゃないブライダルアクセサリーというのも、この世には存在するようです。
ブライダルアクセサリーだから結婚は関係ありますが、自分の結婚式ではないんです。
つまりですね、自分ではなく他の誰かの結婚式に出席するときにつけていくブライダルアクセサリーなのだそうです。
そう考えると、ブライダルアクセサリーというのもいろいろとややこしいです。
さて、結婚式に出席するために、ネックレスというブライダルアクセサリーをつけていく方は多いでしょう。
だいたいネックレスというのは、安いものではなく、中には数十万円するものもあります。
まして、それが結婚を祝うブライダルアクセサリーともなると、とても高そうです。

ブライダルアクセサリーのネックレスについて、値段をインターネットで調べてみました。
やはり高いものがそろっているブライダルアクセサリーのネックレスですが。
中には、ブライダルアクセサリーのネックレスといえど、安いものもありました。
どうも、通信販売によくある、会員特別価格というものでブライダルアクセサリーを売っているらしいのです。
ブライダルアクセサリーのネックレスでも、会員価格なら数千円で買うことができます。
ちょっとかわいらしい形のデザインのネックレスなら、3000円程度の値段で買えるみたいです。
ブライダルアクセサリーのネックレス、女性のみなさんは購入を検討されるのもいいでしょう。

2014/10/18 16:30

ブライダルアクセサリーの歴史

ブライダルアクセサリーの歴史について調べてみました。
女性はブライダルアクセサリーが、男性は歴史が好きですから、間を取ればちょうどいいでしょう。
さて、ブライダルアクセサリーというものの風習はいつから始まったのか。
調べたところ、ブライダルアクセサリーの歴史は古代ギリシャではすでに始まっていたとのことです。
古代ギリシャいうのは、歴史でも習ったと思いますが、紀元前2000年レベルの昔の話となります。
このころは指輪だけで、宝石はまだですが、ここではブライダルアクセサリーで統一したいと思います。
この時代、男性はブライダルアクセサリーに愛の言葉を書き記して、女性に贈ったそうです。
現代にも通じる、ブライダルアクセサリーのロマンチックなエピソードですね。

ブライダルアクセサリーの歴史というのは、実はかなり長いということです。
ブライダルアクセサリーですが、古代ギリシャから古代ローマにも受け継がれました。
当時のブライダルアクセサリーはジュエリーというよりは鉄製の指輪だったようですが、やがてきれいな指輪になっていきます。
こうして、ブライダルアクセサリーの本格的な歴史が始まっていくというわけです。
また、ローマ帝国でキリスト教が国教化されたことは、歴史で習ったとおりです。
キリスト教はブライダルアクセサリー、つまり結婚指輪の風習を広めていきました。
そして歴史上、ヨーロッパにブライダルアクセサリーが本格的に広まったのは、中世ルネサンス期だったそうです。
この辺りから婚約指輪に宝石が使われ始め、ブライダルアクセサリーらしくなっていきます。

ブライダルアクセサリーは、それでは歴史上、日本にはいつ伝わったのでしょうか。
どうやら、日本でブライダルアクセサリーが始まったのは、明治時代のようです。
そして、大正時代にはブライダルアクセサリーの宣伝が行われていたとのことです。
このように長い歴史を経て、ブライダルアクセサリーは現代に至っている訳です。
さて、そんな長い歴史に思いをはせると、ブライダルアクセサリーも大切に考えなければならないと思いませんか。
歴史上、多くの男性がブライダルアクセサリーを贈り、多くの女性が受け取ってきたのです。
まさに、ブライダルアクセサリーの歴史は人類のドラマの足跡でもあるのではないでしょうか。
そんなことを、ブライダルアクセサリーの歴史を見ていると、考えるようになりました。

2014/10/17 16:20

ブライダルアクセサリープリンセス

ブライダルアクセサリーについて、どういうわけか、一生懸命調べている私に、新たな言葉が見つかりました。
それは、ブライダルアクセサリープリンセスというのですが、ご存じでしょうか。
何も知らない私は、純粋な子どものように、ブライダルアクセサリープリンセスについてインターネットで調べてみました。
取りあえずブライダルアクセサリープリンセスについて検索していたら…。
大島優子さんのブログで、「ブライダルジュエリープリンス」というタイトルの記事でした。
2011年1月のこと、彼女は福田沙紀さんとともに、ブライダルジュエリープリンスに選ばれたとのこと。

プリンセスについて、少しわかってきました。
ブライダルジュエリープリンスというのは、要するにベストジーにストとか、そういうのと同じようなやつですね。
ブライダルアクセサリーのイメージにふさわしい女性が選ばれているようですよ。
たしかに大島優子さんも福田沙紀さんもブライダルアクセサリーが似合いますが。
二人にはブライダルアクセサリーが、まだもたらされない方が、ファンとしては嬉しいことでしょう。
いや、二人には幸せになってほしいという気持ちもありますね、ブライダルアクセサリーも似合いますし。
いろいろと、熱い思いを抱かせてくれるブライダルアクセサリープリンセスです。
さて、それでは歴代のブライダルジュエリープリンス受賞者を調べてみますか。

ブライダルジュエリープリンスの歴代の受賞者ですが、ウィキペディアに載っていました。
第1回、2007年のブライダルジュエリープリンスは、優香さんと安めぐみさんです。
そして翌年の第2回は小林麻央さんと安田美沙子さんがブブライダルジュエリープリンスを受賞していますね。
そして3回目ですが、平山あやさんと、そしてなんと、皆藤愛子さんも受賞されています。
ブライダルジュエリープリンセス、4回目はスザンヌさんと南明奈さん、5回目は大島優子さんと福田沙紀さんです。
なるほど、ブライダルジュエリープリンセスには、そうそうたる美女が選出されていますね。
ブライダルジュエリープリンセスを選ぶ人は、目が肥えているということでしょうか。

2014/10/16 16:10

ブライダルアクセサリーとクロエの謎

ブライダルアクセサリーというものについて、このごろは調べ物をしています。
ブライダルアクセサリーに関係あるらしきクロエという言葉を知人から聞きました。
クロエといえば、「キン肉マン」にそういう名前のキャラクターがいたよな、などと考えてしまうわたし。
ブライダルアクセサリーで、クロエとは、いったいどういう意味なのでしょうか。
早速、インターネットでブライダルアクセサリーとクロエについて調べてみましたよ。

ブライダルアクセサリーとクロエという言葉の入った、あるお店の名前でした。
正確な名前は伏せておきますが、とりあえず、ブライダルアクセサリーとクロエの謎は解けたと思っていいのでしょうか。
ブライダルアクセサリーとクロエについてですが、なんだかスッキリしないので、もうちょっと調べてみました。
先程のブライダルアクセサリーとクロエを名前に含む店は、静岡にあるだけらしいので。
調べたところ、ブライダルアクセサリーのリペアのためのサイトに、クロエの名がありました。
そしてリンク先を開いてみると、なんとブライダルアクセサリーとは関係ない、化粧品ブランドのクロエが出てきました。
結局、今回はこんなわけで、ブライダルアクセサリーとクロエについての謎は解けなかったので、調査を続行します。