結婚相談業のお勉強

2014/10/23 10:00

生別の理由

「生別する理由なんて要らない、君のためだ」、なんて格好を付ける男性がいたら、別れて良かったって思うかも知れません。
生別に理由なんかないとか要らないっていうこと自体が立派な理由です。
それに、そういう男性は、君のためだとかって言いながらも、実は実は自分のためだったりなんかもしそうですし…。
いかにも華麗に生別を演出しようとする、テレビドラマの見過ぎですね。
生別に本当に納得していれば、こんな風には言わないんじゃないかと思うのは私だけでしょうか。

生別理由を気にしないようにしようとするから、逆に気になるといったところでしょうか。
生別だの別れないだのって、普段から騒いでいるカップルや夫婦ほど別れなかったりもします。
そうかと思うと、あの2人は絶対生別はないだろうと思っていると、ある日突然、別れたなんて言い出したりもするんです。
世の中、どんな人にも出会いと別れはある訳で、人はそれを繰り返しながら、最後の別れの時を迎えるのだろうと思います。
そんな中で、素敵に生別の出来た思い出が沢山あれば、それはそれでいいのですが、まあ、別れというのはとかく厄介なものになりがちです。

生別の理由が、それぞれの未来を大きく左右する事も少なくないのでしょうが。
中には、ハデにフラられた事で奮起して、いい女やいい男に大変身する人も少なくありません。
けれど、生別を一瞬の出来事には出来ず、自分の手で一生の出来事にしてしまう人もいますよね。
そう思うと、テレビドラマのような華麗なる別れが演じられる事なんて、現実にはそうはないのかも知れませんよ。
生別に理由なんて…と言いながらも、もしかして、あの二人、それをちゃんと互いが知っているのかも知れません。
生別の理由によっては、それほど大げさに捕らえる必要性のないものも沢山あります。
それこそ、生別の理由はカップルの数だけあるのです。
直後は悲しいかもしれませんが生別になったからと言って人生が終わってしまう訳ではありませんから、運命の人と会うために別れたんだ、ぐらいに思っておきましょう。

2014/10/22 15:33

情報誌「ぱど」(2014年11月号)に掲載されています!

仲人の舘です。
本日より配布が始まった情報誌「ぱど」2014年11月号に全国仲人連合会・東京地区本部[日暮里駅前&南千住]の広告が掲載されています。
今回の掲載エリアは、Urban PADO上野・秋葉原、Urban PADO巣鴨・白山・大塚・駒込・茗荷谷エリアです。
配布エリアの方は、私どもの結婚相談所の広告を探してみてください。

2014/10/22 09:50

生別とは

生別ってなあに、先日、テレビを見ていたら、6歳の娘にいきなりこんな質問を突き付けられました。
生別っていうのはね、「さようなら!」って言ってお別れする事だよ。
どうにかこうにか苦し紛れに答えたのですが、娘は空かさず切り返して来たではありませんか。
だったら○○も、毎日いっぱい生別してるよって言われたら、親なら誰だって一瞬目が点になります。
よくよく話を聞いてみると、小学校では毎日先生やお友達に「さようなら!」を言っているから、毎日沢山お別れしているという意味だったんですけどね。
なるほど、それも言われて見れば、確かに生別というやつだなぁっと感心させられてしまいました。
私だって、きっと娘と同じ年頃には、同じような発想をしたはずです。
6歳の頃は普通、生別と聞いて、失恋だの離婚だのなんて、100パーセント思い浮かばないでしょう。

生別と一口に言っても、様々な内容と、それに応じたスタイルというのがあります。
娘の言う通り、毎日毎日どこかで誰かと生別を繰り返している人は、決して少なくはないでしょう。
しかも、面白い事に、次の日またその人と会って、また生別を繰り返すんです。
よくぞ飽きないなぁっと思う位、日々会うと生別を繰り返し、いつか別れたくない、ずっと一緒にいたいと思った時、そこに一つの感情が表れるのではないでしょうか。
そういう風に考えると、毎日の出会いと別れの中に愛や悲しみが沢山入り交じっているんですね。
て、こんなの当たり前、生別の定義を語ろうとする事自体に無理があるのかも知れないですね。
でも、別れはありとあらゆる場面に入り込める一コマであって、人生最後の別れの時まで、人は数え切れないほどのさよならを言います。
特に卒業シーズンでもある春先は、生別事に涙を流す人も多い事でしょうね。

生別ってなあに、なんて可愛い事を言っている娘とも、いつか体験する日がやって来ます。
その時もしかしたら、この生別とは何かという質問の本当の答えが娘にも私にも判るのかも知れませんね。
出来る事なら、互いに心から喜び合えるような幸せな別れがしたいものです。
今度の娘のこの質問、あまりにもユニークだったけど、中々の難問、そこで、生別とはなんなのかをインターネットで調べてみる事にしました。
すると、やはり男女関係に関する観点からとらえているブログやサイトが多いようですね。
やっぱり大人になると生別という言葉は悲劇の主人公になってしまうのでしょうか。
自らの体験をもとに熱く語っている人も多くて、お陰様で、わりと楽しくいろいろな別れ話を読ませていただきました。
生別の定義がもし本当に存在するとしたら、それは神様しかはじき出せない方程式なのでしょう。

2014/10/21 09:52

ブライダルアクセサリーのショップ

ブライダルアクセサリーを買うにしても、おそらくどこかのショップで買うことになるでしょう。
ショップで買う以外は、ブライダルアクセサリーを知人から譲ってもらうことになりますし。
まさか、道端でブライダルアクセサリーを拾うなんてことはとても考えられませよね。
しかし、人からブライダルアクセサリーを譲られるという状況も悲しいですね。
だって、その人はブライダルアクセサリーを手に入れたけど、必要なくなったということですよね。
それがいったいどういうことなのか、考えてみれば悲しい話になりそうですよね。
でも、海外の話では、ブライダルアクセサリーが親から子へ受け継がれるということもよくありますね。
だとしたら、特に悲しくなく、それどころかブライダルアクセサリーのいい話となります。

ブライダルアクセサリーのショップについて、インターネットで調べてみました。
ブライダルアクセサリーがどれほどの値段でショップで売られているか知りたいという気持ちもあります。
検索してみると、案の定というか、ブライダルアクセサリー通販ショップがヒットしました。
インターネットで検索したのですから、ネットショップが出てくるのは当たり前ですが。
どうやら大手通販サイトでも、ブライダルアクセサリーは扱っているみたいです。
ブライダルアクセサリーを買うのに、通信販売というのも現代的かもしれません。

ブライダルアクセサリーのショップですが、やはり通販より実際の店舗に足を運びたいという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ブライダルアクセサリーのショップについて検索するときは、場所の名前、少なくとも都道府県名は入力しましょう。
そうしないと、遠方のブライダルアクセサリーショップばかりヒットするということもあります。
さて、私は東京には住んでいるので、試しに東京のブライダルアクセサリーショップを探してみました。
そうすると、銀座とか青山とか、聞いたことのある地名が出てきます。
こういうところのショップでブライダルアクセサリーが買えたら、格好いいですね。
実際にショップに足を運んで、ブライダルアクセサリーを選ぶというのもいいでしょうね。

2014/10/20 16:50

ブライダルアクセサリーの特徴

ブライダルアクセサリーというものは、ほかの宝石やアクセサリーと比べて、どういう特徴があるのでしょうか。
そう思って、ブライダルアクセサリーと特徴というキーワードで、インターネットで検索してみました。
するとですね、不思議なことに、ブライダルアクセサリーとしての特徴というものはヒットしないんですよ。
実はですね、各ブランドのブライダルアクセサリーの特徴ばかりがヒットするんですよ。
つまり、各ブランドが、「うちのブライダルアクセサリーはこういう特徴があるんですよ」とアピールしているんですね。
そういうわけで、各ブランドのブライダルアクセサリーの特徴をまとめてみることにしました。

ブライダルアクセサリーの特徴ですが、いくつかのブランドを見てみることにしましょう。
シャネルのカメリアコレクションというブランドのブライダルアクセサリーがあります。
ここのブライダルアクセサリーは、プラチナの品が特徴となっているようです。
話を聞いたところ、日本のブライダルアクセサリーではプラチナの人気が高く、プラチナ神話とすら言われているようですね。
海外では、ブライダルアクセサリーといえどプラチナは特別な人気ではないようですが。
日本でのプラチナ神話は、ブライダルアクセサリーの特徴といえるかもしれません。
また、ヴァンクリーフ・アーベルというブランドでもブライダルアクセサリーが出ているようです。
ここのブライダルアクセサリーの特徴は、高級感らしく、お値段も結構張るようです。
ヴァンクリーフ・アーベルは、わたしも聞いたこともある、カルティエと同じ系列の会社らしいです。
そういう有名なブランドのブライダルアクセサリーなら、高級感が特徴となるのもうなずけます。

ブライダルアクセサリーのブランドには、ショーメという、フランスのブランドがあります。
ショーメのブライダルアクセサリーは、デザインがシンプルだけどおしゃれだという特徴があるようです。
ほかのも、ロイヤルアッシャーダイヤモンドというブランドでも、ブライダルアクセサリーが出されています。
ここのブライダルアクセサリーは、とにかくダイヤモンドの質がいいという特徴です。
ほかにも、ブシュロンのブライダルアクセサリーは、ある王室の御用達のブランドだそうです。
このように、ブライダルアクセサリーもブランドによって、いろいろな特徴があります。
そういった特徴を踏まえたうえで、ブライダルアクセサリーを選べるといいですね。