結婚相談業のお勉強

2014/10/28 09:09

縁結びをするのが結婚相談所

仲人の舘です。
最近では、出会いの場として結婚相談所が人気になっています。
結婚を希望している独身男女に、安心した出会いを提供してくれるからです。
ご自身の希望する条件の異性とお見合いをする結婚相談所は、単なる出会い系ではなく、お相手の身元がハッキリしているのが大きなメリットです。

結婚を前提とした出会いを真剣に望んでいる人は、結婚相談所がお勧めで、縁結びの大きな役割を果たしています。
今は男女共に平均初婚年齢が上昇しています。
そうした中、結婚に対して否定的な人がいる一方で、真剣な出会いを求めてもうまくいかない人も少なくありません。
そうした背景にあって、年々需要が高まってきているのが結婚相談所なのです。

そして、ビジネスとしても最近注目されているのが、結婚相談所の独立開業です。
結婚相談所を独立開業すれば、縁結びのお手伝いができます。
新たな絆を作り出す演出家になるというのは実に素晴らしいことです。
全国仲人連合会は、縁結びの最高のパートナーとして、人のお世話が好きな人、定年後にも最適な仕事でサイドビジネスを考えている人、専業を希望している主婦の人、副業として取り組みたい人などのために、結婚相談所開業のための加盟オーナーを募集しています。
今では全国に支部があり、1,000人近くの仲人が成婚に導くパートナーとして活躍していて、業界随一の良縁組織に発展しています。

2014/10/27 10:40

彼氏と性別方法

付き合い始めてまだ1ヶ月位だと、お互いの友達にも、もちろん家族にもろくに紹介してない時点です。
ちょうど、相手の短所が見え始め、性別を考える最初のハードル地点ですよね。
これを飛び越えれば、また少しは長持ちするのでしょうけど、それは本人同士の問題であって、他人が入り込める世界ではありません。

喧嘩したからと言っても、すぐ別れ話になる時でもないのかと。
本気でその恋と性別は、もっともっと恋愛が進行してからの話ではないかと私は思います。
性別という事は、辛く悲しい結末である事が少なくありません。
特に、女性にとって、彼氏と性別という事は、人生の大きな転機でもあります。
実際、失恋の痛手に耐えきれず、自らの命を絶つ人もいます。
そう言えば、昔どこかでこんな歌を聞いた事があります。
「性別は辛いけど、仕方がないんだ君のため…♪」とかなんとかっていう歌。
多分、昔のヒット曲なのでしょうね。
とにかく、あの詞の通り、本当に性別は辛いものです。
恋愛について語られているブログやサイトを読んでいても、とても切実な内容が少なくなく、その事がよくわかります。

2014/10/26 10:30

生別の夢を見たその後

生別は悲しいもの、人目もはばからずエンエン泣く人だって少なくありません。
あの子、俺と別れるのが辛くて、見ろよ、泣いてるよ、こういう時って、辛いなぁ。
卒業式の時、こんな事を言って、一人で勝手に生別ロマンティストを演じようとしていた同級生がいました。
彼を遠目に見ながら泣いていたのは、彼が所属していた陸上部の後輩の女の子。
でも、私たちは知っていました、彼女が泣いていたのは、彼との生別が悲しかったからではありません。
彼女は、ただ単に花粉症の持ち主で、天気のとてもよかった私たちの卒業式の日の中庭は、彼女にとっては辛い場所だったのです。
そう、彼と生別が辛い訳じゃなくて、そこにいる事が辛かっただけ。
その証拠に、彼女は他の先輩に握手と写真撮影を求めていました。
私たち同級生はみんなわっていたので、バカじゃないかって言っていましたが、それでも、まだ彼女が自分との生別が辛くて涙を流していると思いたい友人でした。

生別に夢を抱ければ、それはそれでほんと素敵な事だろうとは思います。
ある意味、卒業式などで生別するという事は、それぞれが自分の夢に向かって旅立って行く事。
喜んでも悲しんではいけない訳だから、もし彼女が本当に彼の事が好きだったとしても、いえいえ、本当に好きだったら泣かないでしょう。
嫌いな先輩との生別を喜ぶ感動の涙かも知れないとか言って笑っていたクラスメイトもいましたけど…。
卒業式の別れに、男女の別れを紛れ込ます人も少なくはありません。
けれど、今思えば、高校生の頃からそこまで重たく生別という事を考えなくてもいいのではないかと。
これから先、もっともっと沢山の出会いと別れを繰り返していく訳ですから。
卒業式で愛しの人に生別のが辛くて泣くというのは、せめて大学ぐらいまでお預けにして欲しいものです。
ただ、大学生位になると、世の中の酸いや甘いが大分わってきて、そこまで純粋に人を愛せなくなってしまう可能性もなくはありません。
例え純粋に愛していたとしても、それとは別に現実を受け入れる能力というのが身に付いているから、卒業式で生別が辛くて泣けるのは、高校生の特権かも知れないですけど。

生別の瞬間は確かに辛いけど、卒業式の別れは、永遠の別れにならない事も大いにあります。
そういう事を考えると、むしろ卒業式の日に生別が辛くて泣くっていうの、逆に変ではないですか。
卒業シーズンになると、やたらめったら別れをテーマにしたブログ記事やサイトが増えて、人気を集めます。
みんな、憧れの先輩や先生との生別が辛いなんて語っています。
ただ、入学式シーズンになると、今度は出会いをテーマにしたブログやサイトが急増するのもまた事実。
結局はそんな卒業式での生別シーンに夢を抱いている人も、実は多いんじゃないかと思ったりもします。

2014/10/25 10:20

生別のきっかけを考察

生別のきっかけなんて、ほんと些細な事が多いのです、後で振り返ってみれば…。
なんで、あんなくだらない事が生別のきっかけになったんだろうって思った事、皆さんはないですか。
もちろん、その時はすごく大きな事に思えるのですが、後でじっくり考えて見ると、すごく小さな事だったりなんかするのです。
ただ、人間の感情というのはとても恐ろしいもので、どんなに細かい出来事でも、そのスパイスが加わると、あっという間に生別の大きなきっかけ化してしまいます。
ただ、そのスパイスの効き目というのは、ある意味、神様の塩加減というか、縁があるかないかで決まって来るのではないかと、私は思います。
もっとわかりやく言うと、もともと縁のなかった2人には、あえて小さな出来事に強い香辛料をまぶし、生別のきっかけにしちゃう訳です。
逆に、縁のあるカップルの2人の場合だと、どんなに沢山入れても辛くないようなスパイスを加えているのでしょう。
目の前の2人が本当に生別かどうかを100パーセントの確率で当てられるのは神様だけなのですよ。

生別か否かを当てられるというより、神様は自分で決められるのですよね。
だから、この世に残したい、あるいは、残しておくべきだと思うカップルには、生別スパイスを使わないように上手に調理されるそうです。
ただ、この2人はもう別れた方がお互いのためだと思われたら、逆の味付けをされるかも知れないので要注意です。
世の中、生別のきっかけに発展しても決しておかしくないような大きなトラブルでも、無事乗り越えられるのは、そういう事があるからなのではないでしょうか。
むしろ、そのトラブルがきっかけで、さらにお互いの愛情や信頼度が高まったとすれば、それは多分、最高のうまみ調味料を注いでもらった時です。
それをしっかり認識し、なるべく自分たちで生別のきっかけを作らないようにしたいものですね。
そう言えば、昔からよく、ケンカするほど仲がいいと言われます。
実際、生別だの別れないだのと言っては、結局未だ恋人同士や夫婦関係を続けている男女も大勢います。

生別が悪いとかいう訳ではありませんが、別れた事を人生の大きな失敗だったという考え方だけは持ちたくないものです。
もし、神様に生別を選択され、調理されたのであれば、それは新しい自分を見付け出すための大きなきっかけなのです。
一生懸命頑張って、今までとは違う人生を歩こうとする事が大切です。
そうすれば、今度は本当にこの世に必要とされる出会いに巡り会い、生別のない調味料が注ぎ込まれるかも知れません。
出会いの数だけ別れがあると言いますが、やはり、いい出会いをすればするほど、別れの確率は減る訳です。
何度も言うようですが、自然の成り行き、全ては神様の判断です。
常にお互いを思い、生別のきっかけを神様に作られないようにしたいものです。

2014/10/24 10:10

さまざまな生別方法

生別の方法を考えていた知人が、女性って、どういう事をされたら男性を嫌いになるんだろうっと、交際中の彼女との別れを考えて相談して来ました。
生別方法なんて簡単じゃないですか、俺たち別れようって言えばいいだけですよね。
でも、男性はその辺がいいように言えば優しいというか、悪く言えば弱虫。
ストレートには生別を宣言できないらしくて、ウジウジ悩んでいるようです。
他人がどうのこうの言う事じゃない訳で、ましてや生別方法を伝授するなんて、とんでもない話です。
ただ、なぜこの2人が生別するのかという理由は少々気になるのも本音です。

生別が自分では中々出来なくて、ずっと別れられずにいる、そんな夫婦も少なくないでしょう。
ただ、本当に生別方法がわらなくて別れられない場合と、もっと複雑な理由で別れられない場合とがあります。
そう、当然の事ながら、別れの数だけ理由や事情があり、時に自分では動かしにくい現実も存在する訳です。
例えば、子供がいる場合、その子供たちのためにあえて生別を我慢している夫婦だっていますよね。
やはり、子供には両親が揃っていた方がいいだろうし、経済的な事情も加わって来るでしょう。
もっとも、近頃では、将来万が一生別になった時のために、あえて子供を作らないという夫婦もいるそうですけどね。
なんだか、それって、最初から離婚する予定で結婚しているみたいで、納得できるような、納得できないようなっていう感じです。
結婚も離婚も経験のうちといったところなのかも知れませんが、少なくともこうした夫婦設計も、生別方法の一つである事は確かでしょう。

生別のきっかけや方法がうまく見付けられないけど、とにかく別れたい。
そんな男女に、生別理由と方法を提供するビジネス、「別れさせ屋」というのがあります。
もう随分前にテレビドラマとして放送されていたのですが、その時は完全に現実離れした物語だと思い込んでいました。
ところが、生別方法を伝授したり、きっかけを作ったりするビジネスが、現実にあるというからビックリです。
もっとも、あのドラマのような大掛かりなしかけで別れを演出するなんていう事は、まず無理です。
どちらかというと、探偵業プラス示談交渉で生別を成立させるというような流れが多いみたいです。
男女が生別理由や別れを考えるきっかけなどから調べ始めています。
生別方法は、やはりその2人にマッチする方法でないといけない訳で、そのためには、少々深入りする必要あり。
そこで、様々な出会いと別れに関するブログやサイトを読んでみたという訳です。