結婚相談業のお勉強

2014/01/11 11:50

結婚式の祝電のマナー

結婚式の祝電でのマナーでは、一番押さえておきたいのは、いわゆる「忌み言葉」を使ってはならない、ということになっています。
実はそれだけではなく、結婚式の祝電では「重ね重ね」「繰り返し」と言う言葉も、離婚・再婚を思わせるので使ってはいけないのがマナーです。
加えて結婚式の祝電に使う台紙にもマナーが暗黙の瞭然であるので、いくら好みでも黒やグレーは避けたいものです。
もっと結婚式の祝電で避けなければいけないマナーとしては、新郎・新婦が再婚であっても、別れを連想させる言葉もいけません。
そのために使える言葉もかなり制限されてきますし、その中から祝福を連想させる良い言葉を選ぶのがマナーになっているのが結婚式の祝電です。

結婚式の祝電のマナーは、祝電自体が短いものなので、見落とされがちなのですが、いわゆる「暴露話」も違反になります。
つまりこれから幸せになる新郎・新婦が不愉快になったりするような結婚式の祝電になりそうであれば、考え直してください。
素直に祝福の言葉を探しながら、その中から「忌み言葉」を避けて作るのが結婚式の祝電におけるマナーなのです。
それだけ結婚パーティーならいざ知らず、もっと格式があがるのが結婚式ですから、結婚式の祝電もある程度は常識に沿ったほうがマナーにかなっています。
マナーを面倒に感じる方も大勢いらっしゃるかもしれませんが、これをきちんと踏まえていないと人格を疑われかねません。

また結婚式の祝電のマナーで忘れてはいけないのは、下ネタを織り込んで、笑いをとろうとすることはいけない、ということです。
結婚式の祝電で下ネタなどを織り込んだ場合、もっと人格を疑われますし、出席者に不快感を与えてしまう危険性もあるからなのです。
結婚式に出席していらっしゃる方々のこと、新郎・新婦のことを考慮し、マナーを守って送るべきものになっているのが結婚式の祝電なのです。
2014/01/10 11:30

結婚式の祝電に使えるネタ

結婚式の祝電に、新郎・新婦がつい微笑んでしまうようなネタを織り込みたいとお考えになっている方が大多数ではないでしょうか。
ところが結婚式の祝電には意外と「使えるネタ」は限られてくるものですから、意外と難しくなってきます。
絶対に新郎・新婦に受けるだろう、と結婚式の祝電にネタを織り交ぜたら、逆に失礼になってしまう場合も少なくはありません。
そこで結婚式の祝電に使うべきネタというものは、言葉遊びであるとか、そういう凝ったことはしないで、スタンダードなものが良いのではないでしょうか。
加えて結婚式の祝電のネタで「結婚後もお仕事を頑張ってください」というのは、意外と新郎・新婦のご家族に不評なこともあります。

結婚式の祝電自体では、本当に好まれるネタというのは、限られてきますから、気をつけて選んでいきたいものではあります。
最近はさまざまなことがカジュアルになり、結婚式の祝電にも受けるためのネタを入れたいのはわかるのですが、かなりの高等テクニックが必要になってきます。
このような理由もありますから、結婚式の祝電にネタを入れるとしても、どのような立場の方も幸せな気分にさせるものでなければなりません。

結婚式の祝電に使えるネタで私の知人が送ったものですが、「当社は完璧な管理をしておりますので、保証つきです」というものがあります。
この結婚式の祝電で使われたネタはかなり好評で、新郎側も新婦側も非常に嬉しく、また面白く感じられたと言います。
友人の立場で結婚式の祝電にネタを交えるのであれば、このネタを参考にして、新郎・新婦を喜ばせるようなものにしたいですよね。
また新郎・新婦の上司に当たる方の送った結婚式の祝電には「もしも取り扱いにお悩みでしたら、いつでもご相談ください」というネタがあったそうです。
これも一歩間違えるとブラックジョークになりかねないのですが、優しい言い回しで、出席者全員に受けるネタだった結婚式の祝電です。
サイトやブログ、掲示板を使って情報を集めてくと、結婚式の祝電に使えるネタがたくさん見つかるかもしれません。
2014/01/09 11:20

結婚式の祝電を送るマナー

本当に親しい友人であれば砕けた内容の結婚式の祝電を、と考えているかもしれませんが、それはあまりおすすめできません。
ほとんどの場合、結婚式の祝電よりも挙式に出席して、スピーチ、という場合が多いかもしれないのですが、やむを得ない場合もあります。
やはり目上の方も出席している中で読み上げられるのが、結婚式の祝電になっていることを忘れてはいけません。
そのために友人として素直に祝福する言葉を選び、少々ユーモアが足りないかな?というくらいが結婚式の祝電にはふさわしいものです。
新郎・新婦が緊張していることを慮ってユーモアを交えたいのもわかりますが、度を越してはいけないのが結婚式の祝電です。

結婚式の祝電を友人の立場から新郎・新婦に送るのであれば、祝福されるお二人が喜ぶ内容の文例にしたいものですよね。
友人である自分なりの祝福の言葉を色々考えて、結婚式の祝電という形にして、新郎・新婦に送るようにしたいものです。
短い結婚式の祝電に自分の友人としての立場から送るわけなので、言葉がたくさん出てきて選びにくいという方もいらっしゃることでしょう。
その場合は友人の目から祝福を素直に送ることが出来る言葉を結婚式の祝電に選んではいかがでしょうか。
友人と言う立場はなかなか難しい場合も少なくはないのですが、やはり素直で暖かい言葉つづり送りたいのが結婚式の祝電です。

結婚式の祝電では友人が送る場合、式に出席できない理由を述べる必要はないようで、ただ祝福の言葉だけで良いようです。
しかしあまりにも新郎・新婦と親しい間柄の友人である場合、結婚式の祝電にもその雰囲気や気分が出てしまうかもしれませんね。
「親しき仲にも礼儀あり」と言う言葉がありますが、これは新郎・新婦と親しい間からにある友人なら結婚式の祝電には覚えておきましょう。
2014/01/08 11:10

結婚式の電報に使いたい言葉

結婚式の電報を打とうと考えたとき、真っ先に悩んでしまうのはどんな言葉を選ぶかになってくるかもしれないですよね。
スピーチほど長くはない結婚式の電報ですから、短い言葉で自分の祝福している気持ちをまとめる必要が出てくるというわけです。
また結婚式の電報を目にしたり、耳にするのは、本当に親しい間柄の新郎・新婦だけではないので、言葉にも気をつけなければなりません。
そこで結婚式の電報の言葉で提案したいのは、あくまでもシンプルでオーソドックスな祝福の言葉になってくるのです。
個性的な祝福の言葉は個人的に新郎・新婦と会ったときに贈れば良いので、結婚式の電報は素直に祝福の言葉だけでいいのではないでしょうか。

結婚式の電報に使いたい言葉はシンプルで素直なものが一番、おすすめですが、中には「無難すぎる」とお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら結婚式の電報は個性を見せるものではありませんし、しきたりやマナーもあるので注意しなければならないというわけなのです。
また長々とも結婚式の電報は送ることができないのですから、言葉もシンプルなものにすることがおすすめになってきます。
新郎・新婦を素直に祝福する短い手紙ともいえるのが、結婚式の電報ですから、出来るだけ簡潔な祝福の言葉を使うようにしましょう。
自分なりの結婚式の電報に向いた言葉を探してみましょう。
まず自分がどれだけ新郎・新婦の二人の結婚を喜んでいるのかが、素直に伝えられる言葉を選びたいのが結婚式の電報です。

結婚式の電報の言葉には短いながらも、祝福が込められている言葉を上手に選んでみたいものですが、そこで迷う方が多いのではないでしょうか。
どのような言葉を選んでいくかで、結婚式の電報が新郎・新婦に喜ばれるものになるかが決まってくるかもしれません。
そこでまずは、自分の素直に伝えたい祝福の言葉を考えてから、結婚式の電報をまとめていくという方法もおすすめです。
2014/01/07 11:00

結婚式の電報の送り方

結婚式の電報のあて先は新郎・新婦の両名にするか、新郎・新婦の旧姓をフルネームで送ることになっていきます。
加えて結婚式の電報の送り主もフルネームで行うことになりますが、連名で送る場合であってもフルネームで行います。
結婚式の電報で少しお得になるのは、配達日の3日前にすると157円値引きされ、NTTのホームページからでは42円お安くなります。
送りたいデザインの結婚式の電報に使う台紙の見本が見ることができますし、値引きしていただけるのですからおすすめです。
まずタイミングが重要ですし、宛て名・宛先がしっかりとわかるようになっていること、送り主は誰かがわかりやすいのがポイントになるのが結婚式の電報です。

結婚式の電報の送り方はそれほど面倒なものではなく、最近は簡単で、気軽に送れるようになっていますから、出席できないとき、利用したいですよね。
やはり結婚式の電報送り方で悩んでしまうことは、文例になってくるかもしれませんが、意外とたくさん用意されています。
新郎・新婦との間柄が親しい場合、どれくらい結婚式の電報の送り方で工夫すればいいかでお悩みになるかもしれません。
しかし結婚式の電報ですから、ある程度、礼儀はわきまえている文例の方が、送られた方も当惑しませんし、送ったほうも恥をかきません。
凝り過ぎた送り方をするのもおすすめできないのが、結婚式の電報でもあるので、少し気を遣いたいものです。
結婚式の電報の送り方についてはネットで簡単に調べることができます。
つまり結婚式の電報というものは新郎・新婦と親しくても、個人的な連絡ではなく、ご家族も含めて送るものだと考えたほうがいいでしょう。
つまり結婚式の電報とはプライベートな手紙やメールではなく、パブリックな通信手段ということを頭に置いて送らなければなりません。
送り方だけでなく、内容も厳しく吟味して、送られた新郎・新婦が嬉しくなるような文例で送りたいのが結婚式の電報です。