結婚相談業のお勉強

2013/11/07 18:45

冬の結婚式の服装

結婚式の服装で冬用を選ぶとき、寒さ対策を考える人もいるのではないでしょうか。
しかし、冬用の結婚式の服装を選ぶとき、寒さ対策は必要ないと思います。
ほとんどの結婚式場では暖房が効いていますから、薄い生地のドレスを冬の結婚式の服装に選んでも問題ありません。
ただ、ドレスを冬の結婚式の服装として選んだ場合、肌の露出度には気をつけるようにしましょう。
薄着でも大丈夫ですが、式場までは外を歩くことがほとんどだと思いますので、コートを羽織ることになりますよね。
このようなときは、結婚式の服装の上からコートなどを羽織り、脱いだらクロークなどへ預けるとスマートです。

結婚式の服装選びに慎重になるのはもちろんですが、冬の結婚式に出席する場合、靴選びも慎重にならなければなりません。
暖かいからといった理由で動物の革が素材となっている靴を、冬の結婚式の服装に合わせて履いていくことは避けたほうが良いでしょう。
そして、冬の結婚式の服装選びでは、色に注意をすると良いと思います。
ですから、花嫁が着るドレスの色を避けた方が無難です。
花嫁が友人なのであれば、結婚式の前に何色のドレスを着るのか聞いておくと良いでしょう。
あくまでも結婚式は新郎新婦が主役ですから、結婚式が冬であっても、夏であっても、いつでも主役を引き立てるような結婚式の服装選びをするようにします。

結婚式の服装についての情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
そして、冬の結婚式の服装にぴったりな服が、ネット上ではたくさん販売されています。
ですから、ネットを上手に活用して、冬の結婚式の服装を選んでみてはいかがでしょうか。
冬の結婚式の服装をネットで選ぶとき、一緒にマナーについての情報も参考に見ておくと良いと思います。
マナーについても学んでおけば、冬の結婚式の服装を選ぶときに、そして結婚式に出席するときに恥をかかずに済みますね。
新郎新婦にとっては一生に一度の結婚式ですから、上手に冬の結婚式の服装を選んで、華を添えてあげてください。
2013/11/06 10:56

情報誌「ぱど」(2013年11月8日号)に掲載されています!

本日より配布が始まった情報誌「ぱど」東京北東版 町屋・日暮里エリアの2013/11/8日号に当・結婚相談所の広告が掲載されています。
情報誌「ぱど」はご自宅等のポストに投函されるフリーペーパーで、町屋・日暮里エリアだけでも約52,400部配布されています。
東京北東版 町屋・日暮里エリアの情報誌「ぱど」で、地元の結婚相談所で広告が掲載されているのは全国仲人連合会・荒川南千住支部だけです。
配布エリアの方は、当・結婚相談所を探してみてください。
12月は4エリア拡大して、全5エリアで合計約272,300部に掲載される予定です。

2013/11/06 09:30

結婚した大堀恵さん

大堀恵さんに対する知名度は、どの程度あるでしょうか。
タレントですので、知名度に関する問題は見過ごせません。
かつてAKBの一員として、またSNDの一員としても活動していたことを踏まえると大堀恵さんの知名度は一定以上ありそうです。
ただしAKBのメンバーだったからと言ってグループの知名度をそのまま大堀恵さんが継ぐことにはならず、メンバーの数に合わせて分散されてしまいます。
特にAKBは人気の優劣がはっきりしているため、グループの知名度が高いと言っても大堀恵さんに反映される分は限りがあります。
過去の結果を遡って確認するのは難しくないので、大堀恵さんの活動記録をチェックしてみると良いでしょう。

大堀恵さんがアイドル活動時代に際立って注目されるような機会は、それほど多くはなかったかも知れません。
例の選抜メンバーに選ばれる回数も限られていたので、大堀恵さんを知るのは簡単なことではなかったと思われます。
AKBは選抜メンバーに入ることで比例してメディア露出が増えるため、グループ全体の人気こそ大堀恵さんにとっての追い風でしたが単独で見ると難しいです。
ただ、これはまったくの外部から見た景色ということなのでAKBファンという前提になれば大堀恵さんに対する印象も違ってくるでしょう。
そんな大堀恵さんが結婚したということで、最近かなり注目度が上昇していました。
もちろん元アイドルの結婚なので話題性は持っていますが、それだけで大堀恵さんがかなり注目されるというのは上の前提を踏まえると怪しいかも知れません。
単なる元アイドルではなくAKBを卒業した大堀恵さん、という部分にプレミアムが付いたとは考えられないでしょうか。

大堀恵さんの前にも後にも、AKBを卒業したメンバーは数多くいます。
グループの初期からの活動歴を考えれば、流動性を持っているのは当然のことです。
しかしグループを抜けたからといってもまだ20代前半ということが多いのに対し大堀恵さんはやや高齢です。
もちろん極端に高いということはありませんが、大堀恵さんの年齢を考慮すると結婚はタイミング的にもいい時期と言えるでしょう。
これに端を発するかどうかはともかく、元メンバーが結婚すれば続くことになります。
気になる大堀恵さんの結婚相手などの踏み込んだ話は、ブログやサイトから収集すると良いかも知れませんね。
2013/11/05 14:20

正式なお見合い

近ごろ正式なお見合いをすっかり見なくなった、とは言っても完全に文化そのものが消滅してしまった訳ではありません。
家柄や立場によっては今でも見られるものであり、またお見合いを見直す動きもあるようです。
と言っても、現代でお見合いというと、結婚相談所でのお見合いや、多人数同士でのパーティ形式のものが主流となっています。
一対一と多人数という時点での違いがありますが、他にも両者の間に入る決定的な違いはあります。

正式なお見合いとなると、二人が出会う前から準備は始まります。
まずは、そのお見合いの一切を取り仕切る存在が不可欠です。
仲立ちをする人のことで、たとえば仲人がこれに該当するでしょうか。
お見合いで出会ったら次は二人で勝手に、とならないのが正式なお見合いです。
デートをするにしても今後の交際を断るにしても、この仲人に話を通して間接的に相手へ伝えることになります。

お見合いに先立って、相手からの写真を受け取ることがあります。
これに関しては、テレビドラマ等でも目にする光景なのでご存じの方も多いのではないでしょうか。
当然、相手を知るために必要な情報ですが用意するのは写真だけではありません。
釣書(身上書)という、簡単に言えば履歴書のようなものも用意します。
正式なお見合いというだけのことはあって堅苦しく感じるかもしれませんが、故に安心できるという方もいるでしょう。

2013/11/04 14:10

信用できる結婚相談所とは

結婚相談所に対して、あまり良い印象を持っていないという方は多いのかも知れません。
もしかすると出会い系サイトの紛い物と混同されることもあり、しかし当然ながら正当な評価とは言えず問題を残します。
問題は、どうやって結婚相談所を見極めていくかという話です。
一見すると成婚率や成婚者数をアピールしており、どの結婚相談所も軒並み高評価で信用できるように見えます。

実のところ、信用できる結婚相談所を選んだとしても成婚率はそこまで劇的に高くなりません。
大手結婚相談所ですと、成功率は10パーセント以下と言われているので厳しい話です。
さて、一つの情報として成婚率が取り上げられることはあります。
大手結婚相談所で10パーセント以下のところ、20パーセントと言われれば調子が良さそうに感じます。
ただ、ここまで極端に高い成婚率はかえって不自然と考えた方が良いでしょう。

信用できる結婚相談所の条件を挙げるなら、適性に情報開示がされていることは大前提です。
成婚率に関して、高すぎるというのは逆に信憑性が低くなります。
これは、結婚相談所に限った話ではありませんがメリットばかりを抽出するところも疑問に思った用が良いでしょう。
メリットしか無い、ということは通常では考えにくいです。
また、いくら何でも無料は危険という認識を持った方が賢明でしょう。
入会金はともかく、会費や成婚に対して費用がかからない、というのは怪しいと判断してよいかも知れませんね。