結婚相談業の経費&収益

ここでは、一番気になる結婚相談所の経費と収益についてを解説します。
詳しくは、舘智彦に会ったときお話いたします。



【結婚相談所の経費】


結婚相談所の経費は主に以下のようなものです。

やり方次第でどうにでもなる部分です。


1.結婚相談所の家賃(0円~)

事務所やマンションを借りればそれなりにはかかります。
安い費用でレンタルオフィスを契約されている方もいます。
自宅で開業する場合は専用の部屋はあった方が良いですが、リビング等で資料を広げられるスペースがあれば十分です。
また、家に上げたくない場合は、出張専門にしたり、駅前の喫茶店を使うのも一つの方法です。


2.水道光熱費(0円~)

自宅でやられる場合は、気になるほどの金額ではありません。


3.通信費(数千円~)

会員が入会すると総本部への書留にて送付物ありますので、切手代は新規会員獲得数に応じて若干かかります。
固定電話とFAX(1回線でもOK)、必要に応じて携帯電話代がかかります。
一人でやられる場合も、固定電話にかかってきた電話を携帯電話に転送していれば外出時も安心です。
電話会社を選ぶことにより、転送時の通話料金を0円にすることも可能です。
また、外出時に代わりに社名で電話対応してくれる電話代行業者を使うのも一つの方法です。


4.インターネット接続費(0円~)

現在、支部をやられている方の中には、パソコンを使われていない方もたくさんいらっしゃいます。
できればホームページは持たれた方がよろしいかと思います。
ご自身で作るのが面倒な方は、制作から維持管理してくれる提携業者もご紹介いたします。


5.総本部費用(1万円~)

総本部への支払い
月会費10,800円(毎月)
matchmaker®(仲人)認定540円(毎月)

会員登録料10,000円/1名(新規会員登録・会員更新時)
会員月会費集金代行手数料500円/1名+振込手数料400円/1回(会員がいれば毎月)


6.広告宣伝費(数千円~)

広告費をかけずに口コミだけで運営されている方もいますが、通常はどんなに素晴らしいサービスをやっていても宣伝しないことには集客は望めません。
支部によって宣伝方法はまちまちです。
広告費をかけたくなければ「自分で動くこと」、これが鉄則です。
各地域によって効率の良い広告を探すことこそが、成功への一番の近道です。
自宅の敷地内に看板を設置すれば初期費用だけで済みます。
ミニコミ誌などでは、1行数百円~で広告が打てるものもあります。



7.人件費(0円~)

最初は一人で始めて、規模に応じて人を増やしていけば良いことです。
会員が50名を超えたら考えてください。


8.その他(数千円~)

名刺代やご来所された方へのお茶代、移動の際の交通費、ボールペン等の事務用品代です。
これは対応人数によって増減します。
また、JLCA(日本ライフデザインカウンセラー協会)主催の「ベーシック講座」受講、および「マル適マークCMS」取得の場合は別途費用がかかります。


【結婚相談所の収益】

結婚相談所の収益は以下のように分類されます。
いずれも、サービスの対価になりますので、利益率は非常に高いものとなります。


1.入会金・登録料等
入会時に行う各種事務手続きの収入です。

全仲連コース:48,000円 → 利益@円
コネクトシップコース:108,000円 → 利益@円

更新料10,800円 → 利益@円

2.月会費
毎月の活動に伴う収入です。

全仲連コース:5,400円 → 利益@円
コネクトシップコース:16,200円 → 利益@円


3.紹介料
お見合い1回につきいただく収入です。

5,400円 → 利益@円


4.お見合いパーティー料
お見合いパーティーに参加する際にいただく収入です。

6,000円 (一例)→ 利益@円


5.成婚料
成婚に至ったときにいただく成功報酬

全仲連コース:291,600円 → 利益@円
コネクトシップコース:194,400円 → 利益@円
お相手が医師の場合+α円


6.その他
成婚後に物販や結婚式場の契約に伴う手数料収入が見込める場合もあります。


詳しくは、お目にかかったときにお話しさせていただきます。
ほとんどの方は「えっ、こんなに!良心的な本部ですね」と仰います。

 

index.png
フリーダイヤル.jpg お問合せフォーム.png
m_contact_yoyaku.png