結婚相談業の初期費用

結婚相談業をはじめるにあたって最初にかかる費用です。
他社と比べてみてください!
また、契約についてもここで説明します。


【初期費用】

加盟金:300,000円(税別)
開業前研修、開業後サポートも含まれます。



諸経費:30,000円(税別)
支部開設時に必要な備品・書類等の貸出料です。



合計:330,000円(税別)


【その他】

第三者機関であるNPO法人 日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)が主催する、現代の日本の結婚事情から、カウンセリングの基礎について、そして重要な法律に関する知識まで、幅広く業界の基礎知識やスキルを習得できる「ベーシック講座」の受講、そして結婚相手紹介サービス業事業所認証制度「マル適マークCMS」を取得することをオススメしています。
「マル適マークCMS」を取得することにより、「コネクトシップコース」が取り扱えるようになります。
「ベーシック講座」の受講料、および「マル適マークCMS」の認証費用につきましては、NPO法人 日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)のホームページをご参照ください。


0円ではじめられるmatchmaker(マッチメーカー)登録制度もあります!
初期費用0円、月会費0円、まったくリスクなしではじめられます。
結婚相手紹介サービスを利用する見込みのある顧客を紹介していただき、入会が確定した時点で顧客紹介手数料をお支払いします。
取りあえず結婚相談業をはじめてみたい人にはピッタリです。
後から支部開設契約に変更していただいくことも可能です。
詳しくは、お問い合わせください。



【契約について】

全国仲人連合会・東京地区本部長の舘 智彦と会って説明を聞いてください。
お電話ですと、詳しいお金のお話ができませんことをご了承ください

遠方の方の場合は、担当地区の本部長とお会いしていただくこともあります。
詳しい内容を、納得いくまでご説明させていただきます。
もちろん、強引に契約を迫るようなことは一切いたしませんのでご安心ください。

その後、「支部開設の意思」を確認した方は、全国仲人連合会・総本部で審査をいたします。

必要に応じて全国仲人連合会・総本部から直接お電話により質問をさせていただくこともございます。
審査を通り支部開設が受理された場合には、契約を交わしていただき、晴れて私たち仲人の仲間入りです。
この時点で 、全国仲人連合会○○支部をはじめることができる状態になりました。

東京地区本部、および開設場所にて、3~4日実地研修をいたします。

当日までに、電話、FAX、および 「良縁ニュース」(写真付きプロフィール)の準備(退会した会員の削除等)、開業マニュアルの熟読をしていただきます。
またこの間に、ご自分の名刺、支部名・支部コードなどのゴム印の準備もお願いしております。
所定の様式ですぐにお届けできる提携業者も必要に応じてご紹介差し上げます。

 

index.png
フリーダイヤル.jpg お問合せフォーム.png
m_contact_yoyaku.png