結婚相談業ポイントレッスン②

2014-11-28 16:00:07
幼なじみとの付き合い方について、勝手にいろいろと考えてみました。
一言で幼なじみとの付き合い方といっても、それこそいろいろあると思います。
例えば、恋愛関係になったときの、恋人としての幼なじみ付き合い方というのがあります。
それから、幼なじみと一緒に育ち、大人になってからの付き合い方もあるでしょう。
もっというなら、幼なじみとの、お互いの家族との付き合い方というのもあるのではないでしょうか。
こうして考えてみると、幼なじみとはいろいろな付き合い方というのが考えられますね。
普通、幼なじみとの付き合い方といえば、どうしても恋愛関係を想像してしまいそうです。
しかし、幼なじみといっても、恋愛関係になるとは限りませんし、まして同性同士ということもあります。
なのに、幼なじみとの付き合いというと恋愛関係を想像してしまうというのは、どうしてでしょうか。

幼なじみと恋愛関係になる漫画や映画が多いので、付き合い方というとそういうのを思い出してしまうのでしょう。
しかし、こういった作品は多くが、幼なじみとの恋愛が成就したらそこで終了です。
大人になって以降の幼なじみとの付き合い方なんて、そうそう描かれないのではないでしょうか。
恋愛成就以降の幼なじみとの話は、事件解決後のミステリーのようなものです。
幼なじみと恋愛が成ると、もう見る人や読む人の興味が薄れてしまっているのです。
そういうわけで、同性の幼なじみというのも普通はいるはずなのに、無視されます。
幼なじみといえば異性、そして恋愛というイメージが、私たちの頭に刷り込まれていくわけです。

幼なじみとの付き合い方ですが、大人になるにつれて、トラブルが起こったりしないですかね。
お金に困った幼なじみが、たとえば付け焼刃の知識で事業を起こすと仮定しましょう。
そしてその幼なじみが事業に失敗して、借金を増やしてしまったら、あなたはどういう付き合い方をしますか。
そんな幼なじみとの付き合い方なんか考えず、さっさと別れてしまうというのもいいでしょう。
しかし幼なじみですから、放っておけないということもあるんじのではないでしょうか。
仮定の話ですが、そんな状態になってしまったら、幼なじみとの付き合い方も考えてしまいますよね。
でも、自分自身がそんな困った幼なじみにはならないよう、気をつけたいと思っています。