結婚相談業ポイントレッスン②

2014-11-25 15:30:07
幼なじみというのは、恋愛漫画やドラマ好きの方には、なんとなくいい響きを持つ言葉でしょう。
というのも、漫画やドラマ、映画やゲームと、幼なじみとの恋愛が描かれ続けてきました。
いったい幼なじみとの恋愛のどこに、それほども魅力があるというのでしょうか。
やっぱりずっと一緒に育ってきたということが、恋愛ものにおける幼なじみの特殊なシチュエーションなのでしょう。
こういった幼なじみの特殊なシチュエーションを使わない手はないというものでしょう。
実際に、幼なじみに対して恋愛感情を抱けるものなのか、それは人それぞれだと思います。
ただ、幼なじみが魅力的な異性であれば、恋愛感情を持つというのも自然の流れでしょう。
もちろん、幼なじみに恋愛感情を持っても、相手から同じ感情を持たれるとは限りませんが。

幼なじみとの恋愛話は、昔から人気のある設定というか、モチーフとなっています。
これらの作品は、実際に幼なじみがいない人には、嫉妬の感情を起こさせるときもあります。
さて、話は変わりますが、もし現実世界でどこかの男性の幼なじみの女性に恋愛感情を持ったら、苦しくなりそうです。
だって、この二人は幼なじみですから、私などには入れない何かがありそうです。
それに、この男性は幼なじみについて、私なんかは知りえない、その女性についての膨大な情報を持っています。
そして、この二人は幼なじみとして、今までどれだけの時間を一緒に過ごしてきたことか。
こういう場合、私の唯一のアドバンテージは、「幼なじみには恋愛感情を抱きにくい」ということだけです。

幼なじみとの恋愛話は、何度も述べている通り、再三使われてきた設定です。
そうはいっても、現実では決して幼なじみイコール恋愛ではないわけです。
ある女性に幼なじみの男性がいたとしても、その男を振り切って、女性との恋愛が成就することもあり得ます。
たしか韓国ドラマの「冬のソナタ」は、そういう話だったように記憶しているのですが。
もちろん、長年一緒に過ごした幼なじみと恋愛関係になり、そのまま結婚という人も、現実にはいらっしゃるでしょう。
こうして考えてみると、やっぱり幼なじみという設定は、恋愛ドラマを作りやすいのかもしれません。
これからも幼なじみとの恋愛を描いた作品というのは、作られ続けていくことでしょう。