結婚相談業ポイントレッスン②

2014-11-23 15:10:10
幼なじみの彼は、いったいどんな人でしょう、あなたには優しくしてくれますか。
多くの場合、男性は照れ屋ですので、幼なじみの彼も本心を隠してしまうかもしれません。
幼なじみの彼は、あなたのことが好きだとしても、「うるせえな」とか言ってくるかもしれません。
それは照れ隠しの可能性が高いので、幼なじみであるあなたを嫌っているわけではないでしょう。
そもそも幼なじみですから、あなたは彼のことをよく知っているのではないですか。
しかし単に幼なじみというのでは済まなくなってきたくらい、彼のことが気になっていますね。
いいんです、いいんです、幼なじみの彼のことが、どんどん気になってくるのは、よくあることなんです。
だって、あなたも、彼も、幼なじみではあっても、お年頃の男女でもありますから。

幼なじみの彼のことを、よく知っているはずなのに、だんだん理解できなくなってくるかもしれません。
というのも、彼は男性なので、幼なじみとはいえ、あなたとは違う考え方や趣向を持つようになります。
もう、お年頃ですから、幼なじみの昔のように、気軽に手をつないで歩いたりはできませんね。
もしかしたら、彼はあなたのことを嫌いではないけれど、単に幼なじみとしてしか見ていないかもしれません。
ずっと一緒に育ってきた幼なじみを、恋愛の対象として見るのは、やや難しいみたいですね。
もしかしたら、彼には幼なじみのあなた以上に、気になっている女性がいるかもしれません。
男性にとって、ある程度成長してから出会う女性というのは、魅力的なものなのです。
こういうところが、幼なじみにとっての、恋愛での不利な面と言えるかもしれません。

幼なじみの彼が気になっていても、あなたの方は素直になることができるでしょうか。
男性は総じて意地っ張りですから、彼も幼なじみのあなたに対して、意地を張るかもしれません。
あなたのことを好きだとしても、幼なじみの彼はなかなか口にしないし、態度にも表さないようにするでしょう。
そうは言っても、あなただって幼なじみの彼に対して、そうそう素直にはなれなくないですか。
そういう、つかず離れずの幼なじみ同士の関係というのは、はたから見ていると歯がゆいものがありますが。
どうか、幼なじみの彼が好きなら、周りの目を気にせず、ゆっくりと気持ちを育てていってください。
幼なじみの彼が、あなたの方を振り向いてくれる日が来ることを、私も祈っています。