結婚相談業ポイントレッスン②

2014-11-11 13:10:10
ブライダルセレモニー準備を手作りで進めるカップルも大変多いようです。
以前は、ブライダルセレモニー準備で結婚式場を選び、挙式するカップルを多く見かけました。
しかし、不景気も手伝ってか、手作りでブライダルセレモニー準備を進め、費用を抑えるカップルも多いのだとか。
また、派手婚に対し、地味婚という結婚式もあり、地味婚ではレストランやパーティー会場を借り切って手作りで進めるようです。
そして手作りで行うと、こぢんまりとしていても、温もりのある結婚式を挙げることができるようです。
さらに、手作りすると結婚式の費用を抑えることができ、招待客の費用も少なくなる傾向にあります。
ですから、たくさんの招待客に気軽に結婚式へ出席して欲しいと考えるカップルの中にも、手作りするカップルがいます。

ブライダルセレモニー準備を手作りで進めるにしても、やらなければならないことはたくさんあります。
手作りだからこそ、業者に任せられないので、カップルで考えなければならないことがたくさん出てくるでしょう。
ですから、手作りで進めようと考えるカップルは、二人揃って、マメになる必要があるかもしれません。
準備を進める過程で、残念ながら、途中で投げやりになる新郎は多いようです。
あれもこれもやらなければならない準備が、さらに手作りになるのですから、新郎の心が途中で挫折してしまうことも多いのだとか。
ただ、新郎に、一生マメに過ごせというわけではありませんから、ブライダルセレモニー準備を手作りで進める間は、なんとか、新郎にもマメになってもらいましょう。

ブライダルセレモニー準備を手作りで全部進めるのが大変な場合は、一部を業者に、一部を手作りにする方法もあります。
手作りで進めるにしても、そうではないとしても、式場は選ばなければなりません。
その式場にレストランなどを選ぶのではなく、結婚式場を選べば担当者がつきます。
そして、その担当者とどのような式にしたいのかを相談でき、手作りの要素を取り入れることができます。
結婚式場で配る席次表は手作りで、それ以外は式場にお任せするといったこともできるのです。
ですから、全てを手作りの結婚式を挙げるのも良いでしょうし、一部を手作りして結婚式を迎えるのも良いでしょう。