結婚相談業ポイントレッスン②

2014-11-10 13:00:08
ブライダルセレモニー準備リストは、結婚を決めたカップルは作成することをお勧めします。
結婚式は一生に一度の大イベントで、ブライダルセレモニー準備ではやらなければならないことが多く、リストを作らなければ準備を進めることさえ難しくなるからです。
リストを作らず、闇雲に準備を進めてしまうと、やらなければならないことの前後が逆になることもあるでしょう。
また、リストを作らずに準備を進めてしまうと、予算に合わせた結婚式が挙げられない場合もあります。
ですからブライダルセレモニー準備リストは、作成することをお勧めします。
そして、出来ることなら、新郎新婦となる二人でブライダルセレモニー準備リストは作成しましょう。
男性は、なぜか途中で投げやりになり、新婦一人でやればよいという態度になる傾向にあります。
悲しいことですが、ブライダルセレモニー準備で喧嘩して、結婚が破談になってしまうカップルもいるぐらいですから、リストは二人で作成しましょう。

ブライダルセレモニー準備でリストを作成すれば、何をやらなければならないのかが明確になり、二人で分担して進めることもできると思います。
両家の親にも、なぜそのような式にするのかを説明しなくてはなりません。
その時にもこのリストが役立ちます。
ブライダルセレモニー準備は結婚式を挙げる二人で行うのが望ましいのですが、結婚式は大切に育てた子どもが行う大きなイベントになるので、どうしても親は口を挟んできます。
ドレスのこと、お色直しのこと、招待客のことなど、親は黙っていられないのです。
また、気になって、どこまで進んでいるのかと、うるさいほどに聞いてくる親もいるでしょう。

ブライダルセレモニー準備リストを作成しておけば、どこまで進んでいるのかを完結に親へ話すことができます。
また、あまりにも口うるさい親には、作成したリストを渡してしまうというのも一つの方法です。
リストを親に渡せば、親なりに考えてアドバイスをしてくれますし、また、親を不安にさせることもないでしょう。
ブライダルセレモニー準備リストの作成は、プロポーズを受けた後から始めると良いと思います。
プロポーズを受けたら、まず親への挨拶が入ってくるでしょう。
そして、親への挨拶が済んだら、結納をどうするかも加えなければならないと思います。
ブライダルセレモニー準備はやらなければならないことがたくさんあるので、リストを作成して、一つ一つ、確実に進めていくことをお勧めします。