結婚相談業ポイントレッスン②

2014-09-11 10:20:05
披露宴用のシューズでは、パンプスはあまり相応しくないという意見もあるのですが、最近の流行などで、時代は移り変わってきました。
パンプスは、紐、留め金、ベルトなどのない、広くカットされた婦人靴で、一般的に、パンプスは、舞踏用として人気を得ていた靴のようです。
パンプスは、春物、夏物、秋物など、シーズンに合わせて、使いわけできることから、披露宴用のシューズとしても、利用されるようになってきました。
洋服に合わせた、おしゃれができるパンプスは、披露宴用のシューズとしても重宝できるのです。
足元のオシャレとして靴はとても大事で、特に、披露宴用のシューズは、なおさら、その重要性が問われます。
パンプスは、中敷を変えたり、素足に靴下を履けば、見た目も大きく変化するので、披露宴用のシューズとして使用する場合は、その辺の履き方を工夫するといいでしょう。
また、パンプスの素材も、エナメルやハラコ、スエードなど様々なので、披露宴用のシューズでは、その素材選びも重要なカギを握ります。

披露宴用のシューズとして、パンプスを選ぶなら、色々な種類があるので、楽しめます。
ヒールに関しても、太いものから細いものまで、また、高さもローヒール、ハイヒールと色々あって、披露宴用のシューズ選びの際にも、色々と検討することができます。
また、ウェッジソール、つま先が丸いラウンドトゥ、ストラップが付いているものなど、多種多様で、披露宴用のシューズ選びとしては事欠きません。
そして、パンプスは、ミュールやバレエシューズ、サンダルタイプとして扱われることもあるので、実に多岐にわたっています。
披露宴用のシューズとしてのバンプスは、まず、ヒールは、3センチ以上の高さのものが良いでしょう。
そして、細いヒールの方が、スマートな印象で披露宴用のシューズとしてふさわしいと言えます。
そして、ミュールを披露宴用のシューズとして選ぶ場合には、ストラップ付きのものを選ぶことをおすすめします。
それは、歩いた時にペタペタと変な音をたてることがなく、披露宴用のシューズとして、場を損ねないからです。

披露宴用のシューズとして、パンプスを履くなら、ゴム素材のものはダメで、革製のものを選ぶことです。
そして、披露宴用のシューズとして使用する場合は、エナメル加工が良く、それは、パーティの時にでも映えるからです。
注意すべきは、厚底サンダルは、パーティ向きでなく、すなわち、披露宴用のシューズとしては、お勧めできません。
そして、オープントゥの場合、つま先が見えるので、披露宴用のシューズとしてはふさわしくないという印象があるので、避けましょう。
パンプスは、レザーやエナメルのものは、かなり高価になりますが、披露宴用のシューズとしては、最適です。