結婚相談業ポイントレッスン②

2014-09-10 10:10:10
披露宴用のシューズで、フォーマルウェアに合わせる場合、やはり、靴の色は黒がベストでしょう。
ただ、平服指定の披露宴の場合は、シューズは、茶色でもいいかもしれません。
もし、茶色の靴を履くなら、披露宴用のシューズとして、ストレートチップを履くことをおすすめします。
そして、その際は、ネクタイなどの小物については、フォーマルな物を意識的に選択して、披露宴用のシューズとのバランスを図ることが大切です。
そして、披露宴用のシューズとして、紐靴を使用する場合、それには、外羽根と内羽根がありますが、羽根の革靴が、フォーマルに演出するにはおすすめです。
外羽根の靴は、日本でも人気こそあるものの、公式な場である、披露宴用のシューズには、似つかわしくありません。
そして、日本ではゴム底の革靴が多いのが特徴ですが、フォーマルとは言えないので、披露宴用のシューズには、ふさわしくありません。
外から見て革底に見えない物は、披露宴用のシューズとしては、不向きで、底は革のものを履くことをおすすめします。

披露宴用のシューズで、フォーマルさを装いたい場合は、まず、デザインで言うと、ストレートチップ、ウィングチップ、プレーントゥの順番になるでしょう。
甲の羽根でのおすすめの披露宴用のシューズの順番としては、内羽根、外羽根、スリップオンの順に格付けできることになります。
そうしたことから言えることは、内羽根式のストレートチップが最もフォーマルな披露宴用のシューズとして、おすすめできるということになります。
また、他にもフォーマルな披露宴用のシューズとして、良いものに、タキシードに合わせることができる、リボン付エナメルのオペラパンプスがあります。
しかし、これは、タキシードの場合の披露宴用のシューズに、その用途が限定されているので、あまりおすすめできません。
やはり、フォーマルスーツにピッタリの内羽根のストレートチップシューズが、一番、披露宴用のシューズの理想に近いフォーマルな靴と言えます。

披露宴用のシューズは、フォーマルな装いには、それにふさわしいものを用意する必要があると言うことです。
上半身が完璧にコーディネートできても、披露宴用のシューズが、革の剥げた靴では意味がありません。
また、スクエアトゥはカジュアルな雰囲気になってしまうので、披露宴用のシューズとしては、おすすめできません。
平服指定の結婚式ならば、披露宴用のシューズとしも、問題はないのですが、いずにせよ、フォーマルな印象を与えることはできません。
女性の場合の披露宴用のシューズとしては、できるだけヒールが高い方がよりフォーマルな雰囲気になります。
男性の場合の披露宴用のシューズは、黒のカーフのプレーントゥ、もしくは、スリップオンタイプが、フォーマルとして無難です。