結婚相談業ポイントレッスン②

2014-09-06 17:42:46
披露宴用のシューズと言うのは、一般にはあまり使用しないものなので、急に必要になった時には慌ててしまいます。
普段から、そうしたことを考えて、披露宴用のシューズとしては、どのようなものがふさわしいのかを認識しておく必要があります。
披露宴用のシューズには、色々な種類があり、それには、大人用、子供用というものまであります。
そして、披露宴も、昼、夜と様々な形式で行われるので、それらに合わせた、大人用の披露宴用のシューズが要求されます。
一般的生活パターンとして、昼は仕事であり、夜は宴会というパターンになっていますが、結婚式は公の行事なので、ふさわしい披露宴用のシューズを選ぶ必要があります。
昼間に行われる儀式、夜間に催されるパーティなどを区別して、披露宴用のシューズを替える必要も出てきます。
たとえば、昼ならややマジメな感じの披露宴用のシューズを用意し、夜のパーティ用としては、大人用として、エレガンスな靴がふさわしいです。

披露宴用のシューズで夜にふさわしいのは、パーティ用として、プレーントゥ内羽根を履くといいでしょう。
夜のパーティとしては、黒のエナメルのオペラパンプスなどの披露宴用のシューズがおすすめです。
披露宴用のシューズは、大人用としては、黒のエナメル素材の内羽根式のプレーントゥを履くのが昔は、一般的とされていました。
エナメルの黒が披露宴用のシューズとして良いとされるのは、舞踏会で一緒に踊る女性のドレスを靴クリームで汚さないから、という古くからの伝統からきているとようです。
しかし、現代では、そうした披露宴用のシューズは、時代にそぐわないものであり、よほど大きな宴でない限り、エナメルの靴やオペラパンプスは一般的ではありません。
黒の表革の披露宴用のシューズでも、内羽根式プレーントゥなら、格式ある場においても、ふさわしく、現代でもマッチングしています。

披露宴用のシューズで、昼の結婚式においては、大人用として、ストレートチップ内羽根が理想的です。
内羽根靴は、古く、19世紀のイギリス王室が発祥の地と言われており、王侯貴族が愛用した室内履きとして流行ったもののようです。
披露宴用のシューズとしてふさわしいのは、爪先に一文字状のステッチングがシャープな印象のストレートチップです。
これは、昼間の披露宴用のシューズとして、理想的なスタイルで、最もフォーマルらしい靴なのです。
夜の宴で理想的なプレーントゥと昼の儀式で理想的なストレートチップが、概ね、大人用の披露宴用のシューズとしての代表格と言えるでしょう。
披露宴用のシューズは、その微妙なマナーの違いが、全く違う雰囲気を醸し出します。
ヘビ、ワニなどの型押し素材は、披露宴用のシューズとして、履いてはいけない素材の靴なので、注意が必要です。