結婚相談業ポイントレッスン②

2014-09-05 14:30:05
披露宴用のシューズは、どうしても、華やかな場にでるということで、その形や色については悩むところです。
いくら華やかな場といっても、ド派手な披露宴用のシューズを履くことは、当然はばかられます。
では、何を基準にして、披露宴用のシューズの色を決めればいいのでしょうか。
まず、披露宴用のシューズの色で大切なのは、花嫁の色として象徴される、白、もしくは、白に見える色を履かないことです。
具体的披露宴用のシューズの色として、おすすめできないのが、白、アイボリー、クリームなどです。
そして、ベージュもどちらかと言うと、薄い色の場合、白っぽく見えるので、披露宴用のシューズとしては、お勧めできません。
披露宴では、どうしても、着用する服が、光沢感のある素材を使用することが多いので、披露宴用のシューズの色には、細心の注意が必要です。
また、会場内では、フラッシュを使用して、写真撮影することも多いので、光の加減で、披露宴用のシューズが、白く見えないかを入念にチェックする必要があります。

披露宴用のシューズの色というのは、それだけ、慎重に選ばなければならないのです。
購入した時は、白っぽくてもいいかな、と思っていても、式が近づくと、それが披露宴用のシューズとしてふさわしいかどうか、不安になります。
ウエディングドレスがクリームがかっていることも想定して、それに近い色の披露宴用のシューズは、やはり避けるべきです。
披露宴用のシューズと同様、小物類も、意見は色々ありますが、やはり、ストールなどは、上半身をおおうことから、白は避けるべきでしょう。
披露宴用のシューズの色くらい、どうってことはない、と言う人もいますが、厳格な人にとっては、許されない場合もあるのです。
やはり、披露宴用のシューズとして購入するのなら、白よりはシルバー、ベージュ、もしくは、シャンパンゴールドなどを選んだ方が無難です。
ただ、そうは言うものの、黒い服に披露宴用のシューズの白というのは、もちろん、絶対にダメです。

披露宴用のシューズでは、花嫁がお色直しに着るドレスの色と同じ色のも避けるべきでしょう。
やはり、そうした事態を避けるためにも、事前に、花嫁に、何色を着るかを確認しておいた方がいいでしょう。
花嫁と新郎は、披露宴用のシューズが、着用するものとかぶらないように、事前に打ち合わせをしておくことが肝心です。
基本的に、披露宴用のシューズは、ゴールド、もしくは、赤、青、ショッキングピンクなどのような、花嫁より目立つ色もダメなので、よく覚えておきましょう。
もちろん、言うまでもありませんが、黒づくめはダメで、披露宴用のシューズは、明るい色のストール、ボレロなどが理想的です。