結婚相談業ポイントレッスン②

2014-08-21 12:00:10
ブライダルミュージックにどんな曲を選ぶのか、人によって異なるでしょう。
ブライダルミュージックで趣味を見せるのは良いですが、場面に合った音楽を選択するのを忘れたくありません。
ブライダルミュージックと一括りにしても、新郎新婦入場の場面と乾杯の場面では求める要素も違ってきますからね。
無難な決め方としては、まず披露宴自体の段取りを決めてからブライダルミュージックを嵌めていく方式でしょうか。
どちらにも無理がなく、落ち着いて決められそうです。
音楽の趣味を反映させたい場合は、ブライダルミュージック全てを利用するのではなく一部で使ってみると良さそうです。
ただ、これは一例に過ぎず最終的にどうブライダルミュージックを選んでいくのかは人によって異なり正解なんてないのかもしれません。

ブライダルミュージックをバランスよく配置して纏めるためには、邦楽と洋楽をバランスよく使うのがコツかもしれません。
知ってる曲がブライダルミュージックとして流れてくると、何だか嬉しくなりませんか。
最近では様々なバージョンにアレンジされた楽曲がブライダルミュージックとして利用される事もあり、新たな楽しみがあります。
洋楽と言っても、ブライダルミュージックに使われる楽曲ともなると似たようなものが選ばれがちかもしれません。
もっとも、披露宴の主役は新郎新婦の二人なのでブライダルミュージックまで周囲に気を遣い過ぎる必要はないでしょう。
多少は二人の趣味が強く反映されたものとなっても、それが二人にとって良いものならばブライダルミュージックとして合格と言えるのです。
言い換えると、周囲に妙な気を遣った結果二人があまり面白くないような構成になってはブライダルミュージックとしてイマイチです。
簡単そうに見えたブライダルミュージック選びも、なかなか大変そうですね。

ブライダルミュージックに合いそうな曲、としてチェックしてみると音楽の見方が少し変わりそうです。
普段は元気なイメージの強い曲を歌っているアーティストが、こんなブライダルミュージックに合いそうな曲を歌っていたんだと新たな発見にも繋がります。
洋楽をブライダルミュージックにチョイスするなら、メジャーとマイナーの狭間のようなところから選ぶと面白いかもしれません。
そこから、新たにブライダルミュージックとして定番化する曲が掘り出される事があるかもしれませんね。
洋楽をブライダルミュージックに使ってみたいけど疎くて、という方はテーマに合わせたアルバムをチェックしてみる事をお勧めします。