結婚相談業ポイントレッスン②

2014-08-20 11:50:06
恐らくは、かなり多くの方が披露宴の際に使用するブライダルミュージックにこだわりを持っているかと思います。
ブライダルミュージックに限らず、予算が許すのならこだわれる場所は全てこだわりたいものです。
今と昔を比較すると、当然ながら人気のブライダルミュージックも傾向が変わってきています。
ただ、昔から親しまれ続けている結婚行進曲などは未だにブライダルミュージックとして根強い人気を誇っています。
特に、最近ではアレンジバージョンの楽曲がブライダルミュージックに使用されており懐かしさと新しさの融合した不思議な感覚を覚えます。
結婚式に参加する方の年齢層は幅広いので、より多くの方が楽しめるようなブライダルミュージックを選ぶと良いかもしれません。
もちろん、自分たちの披露宴なので自分が好きな曲をブライダルミュージックとして利用するのも良いでしょう。

ブライダルミュージックを徹底的こだわるなら、オーダーメイドしてみませんか。
と言っても新たに曲を作るのではなく、ブライダルミュージックを生演奏してもらうのです。
何とも贅沢な話ですね。
もちろん、自分たちで生演奏するのではなくプロの音楽家にブライダルミュージックを奏でてもらうのです。
そうは言ってもプロの音楽家に知り合いなんていないし、と慌てないでください。
出張で生演奏を行ってくれる団体があり、これを結婚式で利用してブライダルミュージックとするのです。
すでにコースが作られている事もあり、かなり利用しやすくなっています。
弦楽四重奏曲やピアノ四重奏など、豪華になると高額になりますが生演奏でブライダルミュージックという贅沢は体験してみたいです。
安い業者に頼むとプロではなく音大生が派遣される事もあるようですが、この辺りはブライダルミュージックにどこまでのクオリティを求めるかによって選択肢が変わってきそうですね。

ブライダルミュージックは、無くても進行が出来ないものではありませんが少し寂しい印象は拭えません。
そして恐らくブライダルミュージックが無いという状況はなく、何らかの曲が流れるのであればこだわってみたいです。
生演奏というのは、その方法の一つです。
確かに生演奏でブライダルミュージックを担当してもらえるのは贅沢ですが、必ずしもその選択が最適とは限らないのです。
まずは式の計画を練って、それからブライダルミュージックを決めていくと良いかもしれません。
絶対ブライダルミュージックで使いたい曲がある、という方は最初に提示しておくと他の部分も決めやすくなって良いですね。
ブライダルミュージックについて詳しくは、ブログやサイトから簡単に情報収集することができます。