結婚相談業ポイントレッスン②

2014-08-18 11:30:10
ブライダルミュージックにおいて、求められる条件はあって無いようなものです。
特に決まりがあるわけでもなく、極端に変な選曲をしない限りは何をブライダルミュージックに用いても問題ないでしょう。
ただ、そのかわり極端に変な選曲はしないよう徹底したいです。
別れや失恋を歌ったものは論外で、更にブライダルミュージックとしては良くても挿入するシーンを間違えないよう気を付けたいものです。
結婚式と言っても和やかムードからしんみりムードまであり、例えば両親への手紙というシーンでアップテンポなナンバーはブライダルミュージックとして失格ですね。
どうしても使いたいんだ、という時は周囲へ事前に配慮しておくと良いでしょう。
入場する瞬間から最後まで、ブライダルミュージックに注目する方は多くないかもしれませんが立派に式を演出してくれる名脇役は大切に選びたいものです。

ブライダルミュージック選びに、何かテーマを付けると面白いかもしれません。
全て似通った曲調のものを選ぶと眠くなりそうですが、そうした際にはポイントで元気な曲をブライダルミュージックに選ぶと良さそうです。
さてさて、テーマ付けてブライダルミュージックを選ぶ行為は一般的になりつつありませんので度を越さないようにしましょう。
テーマを全ての場面で統一してしまうと、式の参加者は退屈に思うかもしれません。
確かに、自分たちが主役の結婚式なのでブライダルミュージックも基本的には自分たち好みで良いのですが少しは気を遣う必要もあります。
テーマという事で、ディズニーの楽曲をブライダルミュージックに利用される方がかなり多いようです。
確かに美女と野獣など、ディズニーにはブライダルミュージックに相応しいものが多くある印象を受けます。
秀逸な曲が多く、ブライダルミュージックとして使えるものは多くあります。

ブライダルミュージックには、基本的には楽しい曲を選びたいですね。
場面によってはバラードを配置するなど、作業を考えるとプログラムが決まってからブライダルミュージック選びをするのが良いでしょう。
先に、この曲だけはどうしても使いたいというものを選んでおくのも良いです。
まず好きな曲を好きなように配置して、あとはバランスを見ながら配置するのがスタンダードなブライダルミュージック選びではないでしょうか。
もちろん、正解はあって無いようなものなので自由に作っていくことができます。
面倒などと感じずに、一曲一曲を大切に選び最高のブライダルミュージックを選定しましょう。