結婚相談業ポイントレッスン②

2014-08-17 11:20:07
ブライダルミュージックは、披露宴においては脇役と言えるかもしれませんが、脇役と言いながら存在感は小さくありません。
むしろブライダルミュージックが持つ存在感は大きく、時として披露宴の印象を左右する事もあるので、選ぶ作業は慎重になりそうですね。
確かに多少は慎重に選びたいものの、ブライダルミュージック選びは神経質になれば良いというものではありません。
むしろ、楽しみながらブライダルミュージックは選びたいです。
ブライダルミュージック選びを失敗すると言っても、極端に変な選曲をしない限り失敗はしないでしょう。
極端に変な選曲というのは、例えば失恋の歌や別れを歌ったものをブライダルミュージックとして選ぶのはタブーです。
インストゥルメンタル、歌詞無しならば利用できるかもしれませんが曲自体が有名すぎる場合はブライダルミュージックとして相応しくなさそうです。

ブライダルミュージックは、披露宴の数だけパターンがあると言えるでしょう。
構成が違えば演出が違うのは当然で、そうなると良いブライダルミュージックというものも違ってきます。
結婚式を挙げた人から聞いてブライダルミュージック選びの参考にするというのは、使えないこともないですが最適ではありません。
特に、和装と洋装ではやはり求められるブライダルミュージックも違ってくるでしょう。
和装ならばブライダルミュージックで使用している楽器も和風な琴や三味線、なんて決まりはありませんよ。
もちろん琴や三味線の良いブライダルミュージックもありますが、和装における絶対条件ではないので深く考えなくても良いです。
ただ、和装という縛りがあるならブライダルミュージックも傾向が決定されてきそうですね。
やはり、ポップで弾けた印象の曲よりもしっとり系の曲の方がブライダルミュージックとして和装にマッチします。

ブライダルミュージックには、是非とも好きな曲を一曲は入れましょう。
不幸を歌ったものはまずいですが、それ以外ならシーンを選べばブライダルミュージックとして成立させられます。
そして何より、好きな曲をブライダルミュージックに選ぶと良い思い出として残ります。
来賓を招く式である以前に、主役は自分たちなのですからブライダルミュージックまで好きにカスタマイズしてみましょう。
ほとんどの方が人生に一度しか経験しないものなので、ブライダルミュージックと言えど妥協せずじっくり選びたいです。
あまりブライダルミュージックに使えそうな曲を知らないという方は、そういったジャンルの曲をまとめたCDなどをチェックしてみると良いでしょう。