結婚相談業ポイントレッスン②

2014-08-16 11:10:08
ブライダルミュージックは楽しく選びたいですよね。
特に決まりごとのあるものではないので、基本的に自分たちの趣味を反映させた選曲をしてもブライダルミュージックとして成立します。
極端な話、デスメタル一辺倒の選曲もスタイルの一つとしてみればブライダルミュージックになっています。
という事はつまり、ブライダルミュージックが披露宴自体の雰囲気を左右してしまうと言えるのでしょうか。
絶対にそうだとは断定できないものの、その要素が小さくない事は確かですね。
やはり、ブライダルミュージックは慎重に選ぶ必要があるのでしょうか。
見当違いな選択をしない限り、大体がブライダルミュージックとして成立するでしょう。
ブライダルミュージックはキチッと披露宴の雰囲気をまとめたい方は、ポイントで好きな曲を選び基本的な部分では定番曲といった具合に使いわけてみると良さそうです。

ブライダルミュージックは漠然と選ぶものではなく、場面ごとに選ぶかと思われます。
そう考えると、ブライダルミュージック選びも漠然としたものでなくなるので選びやすくなるのではないでしょうか。
例えば、両親への手紙を読む場面で求められるブライダルミュージックと言えば、基本的にしっとりしたものでしょう。
オルゴール系の音楽や、しっとり系の曲でもインストゥルメンタルにするなど工夫を凝らしてより良いブライダルミュージックとしたいです。
一転して入場の場面では、華やかな曲が求められ、ブライダルミュージックとしても定番中の定番として知られる結婚行進曲は、未だに根強い人気を誇っています。
今ではアレンジバージョンもあるようで、同じ曲にもかかわらずブライダルミュージックとして違う印象を持たせています。
最近発売された結婚式ソングと言われるものも、この入場のシーンでブライダルミュージックとして使われることが多くなっています。

ブライダルミュージックを選ぶ時は、本当に曲がイメージ通りかどうか確認しておきましょう。
同じ題名でも違うアーティストの作っている曲だったり妙なアレンジがかかっていたり、必ずしも同一のものとは限らずブライダルミュージックとして致命的な問題になりかねません。
視聴出来るサービスもあるので、利用してみると良いでしょう。
ブライダルミュージックを集めたCDもありますが、実際に全て買い揃えるとなると結構な出費になりますからね。
レンタルという手もあります。
最近ではオンラインレンタルのサービスもあり、より手軽にブライダルミュージックを聴く事が出来ます。