結婚相談業ポイントレッスン②

2014-08-14 10:50:06
ブライダルミュージックを選ぶという事は、その結婚式の雰囲気作りをしていると言っても過言ではありません。
BGMが与える印象は非常に大きく、ブライダルミュージックをうまく利用すれば結婚式の成功へだいぶ近付くでしょう。
一方で、あまりにも間抜けな選択をしてしまうとブライダルミュージックどころか結婚式自体が変な空気になってしまいます。
なかなか、プレッシャーがかかる作業ですね。
なんて、実はそんな深刻になってブライダルミュージックを選ぶ必要はありません。
もちろん、歌入りの曲をブライダルミュージックとして使用しても問題ありません。
ちょっと歌詞が別れを連想させて縁起が悪い、という場合はインストゥルメンタルなどアレンジ曲をブライダルミュージックとして利用する手もあります。

いくら好きな曲を中心に構成と言っても、ブライダルミュージックの全てを趣味色で染めてしまうには抵抗があるという方も多いでしょう。
そんな時、定番曲を選ぶのか新たな解釈のもとブライダルミュージックを見出すのか様々な方法が考えられますね。
とは言え、いきなり言われてブライダルミュージック候補をスラスラ挙げられる人などそうそういません。
では、ブライダルミュージックを視聴してみませんか。
ネットが普及した今、ブライダルミュージックを視聴することなど難しくなく新たに候補を見つける手助けをしてくれるます。
視聴というだけあって、ブライダルミュージック集のようなCDを購入するのに比べお金も掛かりません。
ブライダルミュージックを中心に視聴できるサイトまで存在しているので、これはもう利用してみるしかないです。

実際の結婚式をシミュレーションしながら、そのタイミングでブライダルミュージックを流してみる等の作業は良さそうです。
あとは、どうしてもわからない時には実際に結婚式で利用されたブライダルミュージックを参考にしてみるのです。
定番はつまらない、なんて言わずにチェックしてみましょう。
定番というのは、確かに面白みはないかもしれませんがブライダルミュージックとして安心と信頼があります。
例えば結婚行進曲は、ブライダルミュージックとして未だに様々なアレンジをされながらも根強い人気を誇っています。