結婚相談業ポイントレッスン②

2014-08-12 10:30:06
ブライダルミュージックと聞いて、まず何が思い浮かびますか?
定番と言われるようなものから自身が出席した結婚式で流れていた曲まで、人によってブライダルミュージックに感じるものは様々でしょう。
因みにBGMというのはバックグラウンドミュージックの頭文字を取ったもので、自発的に聴く音楽とは違いブライダルミュージックと言えば式のあいだ流れている曲を指します。
いわゆる結婚式ソングとは、果たす役割が異なるのです。
果たす役割が異なるとは言え、どちらも重要なもので特にブライダルミュージックによって感動を強調したり雰囲気の演出を手伝ってくれたりします。
縁の下の力持ちですね。
料理や引出物について熟考する方は多いでしょうが、果たしてブライダルミュージックにまでこだわりを持っている方はいるでしょうか。

ブライダルミュージックは結構レパートリーが多く、同じ雰囲気の曲をチェックしてみても異なる印象を受ける事があります。
ブライダルミュージックを選ぶ際には、やはり自分たちが気に入った曲を中心に使用するのが良いでしょう。
参加者に楽しんでもらう事も大切ですが、本人たちが気に入ってないブライダルミュージックを使っても良い式にはならないと思います。
その上で、雰囲気作りに良いものを選べると尚良いですね。
そのためには、使用するブライダルミュージック全てを自分たちの好みで選んではいけません。
そうすると傾向が似通ってしまい、式の印象も変になってしまうでしょう。
この場面ではこの曲を絶対使いたい、というポイントをいくつか決めてブライダルミュージックを選んでみると良さそうです。
例えば、新郎新婦入場のシーンで使用されるブライダルミュージックと言えば、誰もが知るアノ曲が圧倒的に人気です。
要は、メリハリを付けたブライダルミュージック選びをすれば良いのです。

ブライダルミュージックは、突き詰めれば無くて困るものではありません。
式の進行に直接影響を与えるものではありませんからね。
ただ、ブライダルミュージックが無いと質素どころか地味な結婚式になる事は否めません。
ケーキカットするケーキが一段しかないようなもので、やはりブライダルミュージックは所々で使用したいです。
とは言ったものの何をどう選んで良いか分からない、という方もいるでしょう。
ブライダルミュージックは多く、選択肢が豊富なのはメリットになる反面デメリットにもなりますからね。
自分たちだけでブライダルミュージックを選ぶのは、少々骨が折れるかもしれません。
では、既に結婚式を経験した方からアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。
こんな場面ではこのブライダルミュージックを使ってみた、など体験談があれば参考にしやすいかと思います。