結婚相談業ポイントレッスン②

2014-07-20 15:30:07
バツイチの体験談には、悲観的なものもあれば、そうではないものもあります。
私の周囲にもバツイチの方々がいますが、悲観的な体験談を語る方もいれば、すっきりしたという体験談を語る方もいます。
私個人が感じたことですが、悲観的なバツイチ体験談を語る方は、経済的に余裕のない場合が多いように思います。
これからどうやって子供を育てていこうかという悩みが付きまとうので、バツイチの体験談の内容が暗くなってしまうようです。
そして、すっきりしたという体験談を語るバツイチの方は、ご主人に苦しめられ、その苦しみから解放されたという思いが強い方のように思います。
ご主人の嫌がらせや暴力がバツイチになる原因なのであれば、すっきりするのが当然でしょう。

バツイチの体験談には、再婚に関するものも多いと思います。
私の周囲にもバツイチ再婚の方がいて、体験談を語る方もいます。
とても楽しい生活を送っているということで、バツイチ再婚の体験談にはユーモアも入り、私は話を聞くたびに笑い転げています。
子どもの学校に、子持ちバツイチ、そして再婚したという方がいます。
ある日、子どもが学校から名簿を持ち帰ってきたとき、名字が異なっていたので、私はバツイチになったのだろうかと思いました。
保護者会のときにばったりあったので、「どうしたの、離婚になったの?」と尋ねてみたら、なんと、再婚したのだとか。
とっくにバツイチになっていたのだけれど、子どものことを考えて、名字を結婚当時のままにしておいたと語っていました。
そしてバツイチで再婚したので、学校に届出を行い、名簿の名字を変更したのだとか。

バツイチになったときだけでなく、再婚したときにも名字は変わるものなのだと、改めて知りました。
そして、なんと、その方は、新たなご主人の子どもをつい最近出産し、バツイチの体験談だけでなく、父親の違う子供を楽しく育てている体験談も聞かせてくれました。
バツイチの体験談をネット上に綴っている方もたくさんいるようです。
ですから、周囲でバツイチの体験談を聞かせてくれる人がいないという方は、ネットを活用すると良いのではないでしょうか。
ネットを利用してバツイチの体験談を読めば、離婚に踏み切ろうかどうか悩んでいる方にとって、大変参考になるでしょう。
また、バツイチ再婚体験談もネット上には満載です。
バツイチを不利だと考えてしまい、再婚に踏み切れないという方も、ネット上の体験談を読めば勇気をもらうことができるかもしれません。