結婚相談業ポイントレッスン②

2014-07-18 15:10:07
バツイチの恋愛は、結婚という2文字がちらつきやすいです。
私の周囲にもバツイチという方々がたくさんいて恋愛をされていますが、結婚を経験する前よりも結婚を意識するのだとか。
バツイチの場合は結婚を経験しているので、結婚を身近に感じやすく、恋愛をしていても、結婚できる相手かどうかを考えてしまうのでしょう。
バツイチの恋愛に、子供が関わってくる場合もあると思います。
子持ちバツイチの恋愛は、子供のことも考えなければなりません。
子供が小さければ留守番させるわけにはいきませんから、子持ちバツイチが恋愛すると、子連れデートになる場合が多いです。
そして、子供が懐くか懐かないかで、子持ちバツイチの恋愛は長続きするかどうかが決まるのだとか。
子供が懐かないといった場合、子持ちバツイチの恋愛は、なかなか結婚へと発展しません。

バツイチで恋愛をしている方が私の知人にもいますが、どうしても子供がお相手に懐かないので、再婚が考えられないのだとか。
子持ちバツイチが恋愛して再婚するとなると、子供の気持ちを優先する方向になります。
ですから、子持ちバツイチがお見合いをする場合、子供同席のこともあります。
お見合いの席で、自分だけではなく、子供もお見合い相手を気に入らないと、そのお見合いは上手くいきません。
そして、50代、60代の子持ちバツイチが恋愛をするケースも増えています。
老人ホームでは70歳の女性を80歳代の男性が取り合う場合もあるようですから、熟年でバツイチの方でも、充分恋愛を楽しむことができるでしょう。
熟年でバツイチ同士の恋愛の場合、結婚を考えないというカップルも多いです。
熟年の場合は子供が成長しているので、バツイチ同士で恋愛し、再婚しようと考えても、子供への遺産相続をどうするかという問題が浮上するのだとか。

バツイチ同士のカップルには、子供や周囲が反対するので、だったら再婚をしなくても良いのではないかと考える熟年の方もいます。
そして、熟年でバツイチ同士の恋愛の場合、再婚せず、事実婚を選択するケースも多くなります。
一緒にいられる時間を作ることができるのであれば、熟年でバツイチ同士の恋愛の場合、入籍にはそれほどこだわらないようです。
バツイチで、なかなか恋愛相手が見つからないという方もいるでしょう。
再婚するにあたって何の支障もないのにも関わらず、恋愛相手が見つからず、寂しい思いをしているバツイチの方もいると思います。
そのような方は、結婚相談所に行かれてみることをお勧めします。
最近は結婚相談所でも、60代、70代、80代以上の方も多くいらっしゃいます。