結婚相談業ポイントレッスン②

2014-07-09 13:40:07
嫁姑問題に孫が絡んでくることがあるようです。
嫁の子供は姑にとって可愛い孫なので、嫁の育児に口出しをして嫁姑問題に発展するケースがあるのだとか。
昔と現在の子育ての方法は異なるとは分かっていても、孫の育て方に口を出さずにいられない姑は大変多いようです。
その口出しにイライラする嫁もまた多いので、嫁姑問題になってしまうようです。
嫁姑問題で孫が絡んでいる場合、夫が自分の妻を尊重することが重要でしょう。
姑が大切なのは分かりますが、妻の味方にならないと嫁姑問題がこじれて離婚ということになりかねません。
孫育てで嫁姑問題が家庭に勃発している場合、中立的な立場を守ろうとする夫もいるようです。
夫は、孫を絡めた嫁姑問題で、妻と姑の両方に言い分があり、どちらも正しいしどちらも間違いと考える場合があるのだとか。

嫁姑問題で中立的な立場を守ろうとすれば守ろうとするほど、妻は夫をふがいなく思うようです。
ですから夫は妻を取るのか、それとも姑を取るのか、しっかりと考えを固めて、孫を絡めた嫁姑問題に立ち向かう必要があるでしょう。
夫にとって自分の家庭というのは、妻と築いている家庭なのではないでしょうか。
少なくとも、妻は夫と家庭を築いているのであり、孫絡みの嫁姑問題の対象である姑は部外者で、育児も夫と自分の問題であり、嫁にとって姑は関係者ではないのです。
ですから孫育てで嫁姑問題が勃発したら、夫がどのように対処するかで、今後の家庭生活が楽しくなるかどうかが決まると思います。
また、孫は姑にとって大変可愛いもので、嫁が子育てで疲れているのにも関わらず、孫逢いたさに家に押しかけてきて嫁姑問題が勃発する場合があるようです。
嫁は姑に「育児で疲れているから家に来るな」とはいえませんから、嫁姑問題でストレスを抱えることになるでしょう。

嫁姑問題で妻が悩まなくなるには、夫が妻の気持ちを察して「子育ては夫婦でするから」程度のことを姑に言い、姑が家に寄り付かないようにすることだと思います。
ただ、このとき、「来て欲しくないようなことを妻が言っている」と、妻がいるから姑が孫に逢えないような雰囲気を作らないように、夫は注意しないといけません。
上手に姑と距離を置かないと、嫁姑問題が発展して離婚になってしまうでしょう。