結婚相談業ポイントレッスン②

2014-06-01 14:40:08
若年性の更年期障害が起こるのは女性だけではなく、最近の研究では男性にも起こる可能性が非常に高いと発表されています。
この男性の若年性の更年期障害の研究が世界で一番進んでいるのはドイツなのだそうですが、最近までこれは信憑性がないとされていたようです。
ところが男性が体内の男性ホルモンが何かの原因によって激減してしまうと若年性の更年期障害が起こるというわけなのだそうです。
男性の若年性の更年期障害の症状というものは、単なる体調不良や疲労と勘違いされていることが多く、そのまま悩みを抱え込んでしまうことが多いそうです。
やはり男性の若年性の更年期障害も女性と同じように、まだ更年期という節目に来ていないのにもかかわらず、肉体的、精神的症状として現れるのだそうです。
ところがまだまだ男性の更年期障害どころか、若年性の更年期障害自体が知られていませんから、ご本人は自分を責めるばかりになってしまうこともあるそうです。
周りの方も認識を改めて、このような症状に悩まされていることをサポートするようにすることが必要になってくるのが男性の若年性の更年期障害です。

若年性の更年期障害の恐ろしいところは、かかっているご本人が、悩みをため込んでしまい、自分のせいにして考え込んでしまうことだそうです。
この若年性の更年期障害特有の自分だけで抱え込んでしまうという傾向が高いのは、男性だけでなく、女性もまたそうなのです。
男性の若年性の更年期障害は体の症状、心の症状、性的な症状があり、特に男性は性的な症状に関しては深く悩みこんでしまうようです。
女性に比べると男性の若年性の更年期障害はあまり症状が起こってしまう方が多いわけではないそうですが、最近は増えてきているそうです。
男性の場合、若年性の更年期障害になっているという自覚がなく、うつ病のような精神的な病と間違われやすいようなのです。
人間の体は思っているよりも非常にデリケートにできていますから、過度のストレスによって男性の若年性の更年期障害も起こるそうです。
女性だけのものであると長い間考えられていましたが、実は男性にもひそかに忍び寄ってきているともいえるのが若年性の更年期障害です。