結婚相談業ポイントレッスン②

2014-05-09 10:50:07
一般的に男性よりも女性の方がマリッジブルーになりやすいと考えられているのではないでしょうか。
確かに、男性と女性を比べると女性の方が感情の起伏が激しいと言われているので、それも一理あるかもしれませんね。
しかし、実際は女性だけでなく、男性もマリッジブルーになることがあることがわかっています。
男性のマリッジブルーが女性と違うのは、症状が出る時期ではないかと言われています。
女性の場合は、結婚式の準備の間や人によっては直前まで悩んでいる人も多いと聞きます。
男性の場合は、結婚を決意する前に結婚や結婚相手について悩みマリッジブルーになる人が多いようです。

マリッジブルーになる時期が結婚前というよりプロポーズ前になるということのようです。
長年付き合っているのにいざ結婚を意識し始めると、男性の方から断ってくるというのはマリッジブルーが関係しているのかもしれません。
プロポーズの前に悩む男性のマリッジブルーはあまり周りには気づかれないものです。
女性の場合は結婚前ですし、マリッジブルーの影響が顕著に出てしまうのではないでしょうか。
男性は基本的に一度決めたら前に突き進むという傾向が女性に比べてあるのではないかと思います。
女性の場合は、一度決めたとしてもマリッジブルーのように後から感情が動き悩み始めるということも多いです。
特に女性の場合は仕事と家事の両立など生活環境が大きく変わるのも一因でしょうか。
しかし、男性も女性もどちらも多かれ少なかれマリッジブルーになるということです。

マリッジブルーが男性にもあるということを考えると、結婚というものが人に与える影響はとても大きいのだなと考えさせられますよね。
マリッジブルーで悩む人が多い割にはすぐに離婚する人が多いなとも感じます。
その憂鬱状態を克服して一緒になった相手なのにすぐに別れてしまうなんて切ないですよね。
マリッジブルーの時期はつらいかもしれませんが、自分と結婚相手を見つめなおす良い機会にもなります。
マリッジブルーになったら改めて結婚相手の良い所を探してみるのも良いかもしれません。