結婚相談業ポイントレッスン②

2014-05-08 10:40:11
マリッジブルーはとても知られている言葉ですし、多かれ少なかれ結婚するすべての人が経験することでしょう。
しかし、マリッジブルーになるのは大抵男性より女性の方だと感じている人が多いのではないでしょうか。
実際、男性もマリッジブルーになることはあるようですが、女性とは時期が異なるようです。
男性は結婚を決定する前にマリッジブルーになるようですが、女性は結婚することにした後にもなるようです。
結婚前に結婚式の準備をしている時、女性の方がマリッジブルーになるというのはよく聞く話ですよね。

マリッジブルーになる女性のほとんどが結婚前になるというのは一体どういうわけなのでしょうか。
どうやら結婚前の準備などにその原因があるのではないかと考える人は多いようですね。
多くのカップルが結婚式の準備において女性が主体になることが多いようで、これもマリッジブルーと関係しているかもしれません。
特に、長年付き合い同棲していたカップルが結婚する場合、男性があまり協力的でない場合が多いようです。
マリッジブルーになる女性の多くが、そのような忙しさを一人で担っていることが多いようです。
そんな憂鬱な時に結婚相手でない異性に出会ったとしたら心惹かれてしまうのは分かる気がしますよね。
そのようなことになるとまさにマリッジブルーのどん底になってしまうというわけです。
ますます結婚相手から心が離れていき、マリッジブルーの域を超えてしまうことだってあり得るのです。

マリッジブルーになったことをきっかけに、ただ憂鬱なのではなく本当に心が結婚相手から離れてしまうことだってありますよね。
これが、よく言われるマリッジブルーによる婚約破棄というケースではないかと思います。
しかし、今まで何年も付き合ってきたのに一時のマリッジブルーによる症状で結婚が駄目になってしまうのはせつないですよね。
ですから、結婚前にはお互いの感情を大切にし、マリッジブルー対策をとる必要があります。
インターネット上のサイトやブログのマリッジブルーを経験した人の体験談はとても参考になると思うのでチェックしてみてくださいね。
結婚前はできるだけ一人に負担がかかることのないようにし、マリッジブルーの症状を軽くしましょう。