結婚相談業ポイントレッスン②

2014-05-06 10:20:06
マリッジブルーに自分がなっている、もしくはなっている人が近くにいるということがあるでしょうか。
恐らく、このマリッジブルーには多かれ少なかれほとんどの人がなるのではないかと思います。
マリッジブルーの症状の深刻度は人によって違いますから、解消法も人によって違うかもしれません。
それぞれの人の傾向も関係してきますから、マリッジブルーの症状を見ながら解消法を考える必要があるでしょう。
マリッジブルーの解消法マニュアルの中でよくあげられるのは最も簡単な方法としても知られているかもしれません。
マリッジブルーになったら結婚相手の良い所に目を向けるということです。

マリッジブルーというのは結婚に対して不安になり、結婚相手が自分に合わないのではないかと考え始めてしまいます。
ですから、なぜその結婚相手と一生を共にすると決意したかを考えることはマリッジブルーの解消法になるでしょう。
プロポーズを受けた時の気持ちや結婚相手の尊敬できる部分を考えるのはとても良いでしょう。
マリッジブルーになる時は大抵結婚の準備などで忙しくお互いの感情を疎かにしがちになってしまいます。
そのような時にマリッジブルーの症状が出やすいということが分かっていれば、解消法はあるでしょう。
忙しい中でもお互いの感情を考えながら接することでマリッジブルーの症状は随分と解消されるはずです。
同姓の人や家族はマリッジブルーになっている友人や家族の接し方を気を付けることができますよね。

マリッジブルーの解消法の中に他人の力が大きく関係しているものが多いのが分かると思います。
自分ではやはりコントロールできないこともありますから、周りが気を使い本人が気分転換できるようにすると良いでしょう。
マリッジブルーの解消法として一緒にリラクゼーションに行ったり、おいしい物を食べたりすることも勧められているようです。
結婚相手がマリッジブルーだという人は特に解消法を調べて実戦してみてくださいね。
このマリッジブルーの時の解消法が、結婚生活を始めてからもお互いを思いやる面でとても役に立つと思います。