結婚相談業ポイントレッスン②

2014-05-05 10:10:06
マリッジブルーとは結婚前に誰もが多かれ少なかれ経験する状態ではないかと私は思います。
このマリッジブルーという状態になるのは一般的に男性より女性の方が多いと思われています。
実際、男性もマリッジブルーになることがあるというのですが、結婚を決意してからもそのような状態になるのは女性が多いようです。
では、そんなマリッジブルーの女性に男性はどのように接したら良いのだろうと思うかもしれません。
また、マリッジブルーになっている女性が周りにいる場合、同姓の人たちはどのような接し方をしたら良いのでしょうか。

マリッジブルーになっている女性の症状をまずはしっかりと知っておくことは大切ではないでしょうか。
マリッジブルーになっている人の多くが不安と怖れを抱えて疲れやすくなっているのではないかと思います。
そんな時、もし同僚ならマリッジブルーから少しでも解放されるように話し相手になってあげられるかもしれません。
また、一緒においしい物を食べたり、リラクゼーションをしたりと気分転換もできます。
マリッジブルーの時、そのように接してくれる友人がいたらとても心強いに違いありません。
接し方はできるだけ優しくするように心がけることが必要ではないかと思います。
これは同姓の友人だけでなく、マリッジブルーの彼女をもつ男性の方にも言えることだと思います。

マリッジブルーを理解できないという男性は意外に多いようです。
さらに、女性の中でも症状だけでなく、そもそも結婚前に憂鬱になるということ自体も分からない人がいるようです。
ですから、接し方について調べる前にマリッジブルーとはどんなものなのかを男性は知る必要があるかもしれませんね。
マリッジブルーである人をからかったりする接し方だけは絶対にしないようにしたいです。
「大丈夫だよ」と声を掛けてあげるなど優しい接し方を気にかけるようにすると良いでしょう。