結婚相談業ポイントレッスン②

2014-05-04 10:00:10
マリッジブルーになっている本人は自分がなっていることに気づかないということがあるのではないかと思います。
本人はとにかく結婚に不安で自分はどうしてこんな風になってしまうのだろうと思うかもしれません。
マリッジブルーはそのように本来は幸せの絶頂期であるのに結婚に対して不安や怖れを感じて憂鬱になることなのです。
人によっては忙しさなどから結婚前にうつ病になってしまったのではないかと思うかもしれません。
マリッジブルーは確かに憂鬱状態ですからそのように考えるのも間違いではありませんが、うつ病とは少し違いますよね。
うつ病だと思って病院に行ったらマリッジブルーと診断されたという人もいるのではないでしょうか。
マリッジブルーの症状が自分にあるかどうかは簡単な診断テストをするだけでわかるようです。

マリッジブルー度診断テストの中には、あなたが今抱いている不安を言い当てているものもあります。
例えば、何となく疲れやすく感じたり、脱力感を感じたりすることがないでしょうか?
結婚前で忙しいとはいえ、そこまで疲れているはずはないのに、疲れやすく感じるというのはまさにマリッジブルーの症状のようです。
自分でも理由が分からないのに落ち着かなかったり、将来に不安を感じたりするという人もいるでしょう。
そのようにマリッジブルーは何だかモヤモヤとした感情が常にあり、毎日心が曇りという状態を感じるのではないかと思います。
さらには、お相手の欠点が目につくようになり、自分に合わないのではないかと思い始める人もいるようです。
マリッジブルー度診断テストにほぼ必ず含まれているとも言える診断項目ではないかと思います。

マリッジブルーで相手が信じられなくなるのには、結婚前の準備の中で、何かしらお相手への不満ができてしまったからかもしれませんね。
何か一つの作業をする時、そのような状況が生まれるのは仕方ないことですよね。
結婚相手だからといってそれは変わりませんから、過度にそこに注目するのはやはりマリッジブルーなのかもしれません。
マリッジブルー度診断テストをすることによって自分の今の状態を客観的に見ることができるでしょう。
そうすればきっとマリッジブルーから脱する方法も見つけることができるのではないかと思います。