結婚相談業ポイントレッスン②

2014-03-20 16:50:07
男心なのか、ここ数年で発達してきた電子メールは、実際に会うのとは違う男性の一面を覗かせてくれます。
電話とも違う文面でのやりとりは、男心が表れたサインを、意外なほど語っていることもあります。
それは男心として感じ取って欲しいことなどを、メールという媒体で素直に伝えることができるからかもしれません。
自分の本心を出せる手段だからこそ、送られてくるメールの内容にも信頼を寄せてしまう男心がある気がします。
たかがメール、されどメール、男心を巧妙に操るには、こういった形での細かな配慮も欠かせないことでしょう。
そもそも男心というのは繊細な気配りなどに女性の良さを感じ取るものなので、メールであっても丁寧に送り返していきたいものです。
メールでのやりとりで変化する男心とは、はたしてどんなものなのでしょうか。

男心を利用して良い反応を得ようとするなら、メールの件名は出来るだけ埋めておきましょう。
おそらく、真面目な印象や律儀な性格というのは、女性の評価をするときに大きなプラス要素となりえるのが男心なのです。
顔文字や絵文字も可愛さアピールに効果的かもしれませんが、それよりもそっけない雰囲気が漂うメールにはがっかりする男心を覚えておきましょう。
お相手の表情が見えないメールのやりとりですから、なんとか女性の真意を探ろうと男心は働いている気がします。
恋人以前の関係だったりするとよく耳にするのが、相手のメールを心待ちにしている男心です。
もしかしたら男心は、自分なりに全力で作り上げたメール上の気遣いに、どのような反応を示してくれるのか、評価してくれるのかを期待しているのかもしれません。

男心に多少なりとも働きかけることができるメールの応対ですが、デメリットはあるのでしょうか。
メール上の会話では、大抵の場合は男心をマイナスに動かすようなことは滅多にないはずです。
男心的なのか、とりわけ好意を抱いている女性に対してのメールというのは、前向きに捉える傾向がありそうです。
もちろんマイナスの考えから入ってしまう男性もいるでしょうが、男心においてその場合は自分が悪かったと解釈しているのではないでしょうか。
メールの返事が遅れたり、件名がないからといって、いきなり相手を嫌ったりするようなことがまず男心には無いように感じます。
ならば女性からしてみれば、メールで男心をつついていくのは挑戦してみて損はないのかもしれません。