結婚相談業ポイントレッスン②

2014-03-15 15:50:07
男心は結婚に直面すると、一体どのように反応を示すものなのでしょう。
女心にはマリッジブルーなどの問題があるそうですが、男心にもそのような感情が芽生えたりするものでしょうか。
確信は持てませんが、結婚を考えたとき、付き合っている女性に対しての彼女という枠から外して考えるのが男心のような気がします。
それは男心が恋愛と結婚に、特別な意識もなしに明確な違いを設けているからかもしれません。
男心の働きか、男性は彼女にしたい相手と、結婚したい相手の条件が違っていたりするものです。
ですが、どちらの女性にも本気で好き、と言い切れるのですから、男心とは不思議なものです。
男心はなぜその恋人と結婚相手の条件が違いを起こすのか、客観的に目を向けてみましょう。

男心は恋人を選ぶ場合、どうしても見た目にこだわる傾向があるようです。
逆に言うと、性格などを二の次にして美人を選んでしまう男心に、女性陣は呆れた経験などないでしょうか。
女性の性格は最悪でも、美しい外見によって、取り繕った中身にまんまと騙されてしまう男心。
男心の損な部分で、性格は悪そうだとわかっていても、女性の手練手管に、その警戒心が緩んでしまうのでしょう。
これは恋愛における男心で、彼らは頼られれば弱く、とくに美人に冷たくできないのかもしれません。
しかし結婚となると、男心はもう少し合理的に、多角的に相手の情報を仕入れようとします。
その男心とは、友人や家族との付き合い、相手の家族との相性、金銭感覚、道徳観念、といったあれやこれやの不安要素を、日常的に探ってしまう働きでしょう。
結婚を前提に付き合いだすと彼女に対するものとは違う男心が動き出して、実は、彼女のひとつひとつに気を張り、男性も不安と戦っているのかもしれません。

男心、女性心理に重たく響く結婚の儀式は、当人たちだけで済ませられる問題ではありません。
一緒に暮らすにあたってさらに男心の不可解な面に衝突することはあると思いますが、男性もただ無神経なだけではないはずです。
感情に流されることもあるでしょうが、男心には結論と経過があることを覚えておきましょう。
そもそも結婚と恋愛で男心に違いが表れるのは、この相手となら一緒に暮らしていけるはずだ、と検証を重ねた結果ではないでしょうか。
結婚後のことを考えるなら、男心を考慮して、上手に隠しながら付き合うよりも、すべてをさらけ出していくほうが、困ることはないのかもしれません。
恋人時代の女性をすべてと思ってしまうのも男心で、必要以上に探ることをしないように感じるからです。
結婚を前提に考えている相手がいるなら、男心をもっと知ったうえで行動に移してみてはどうでしょうか。