結婚相談業ポイントレッスン②

2014-02-25 12:50:07
医師との結婚を実現した人の中には、「看護婦として同じ病院で働いていた」と言う人も少なくない様です。
確かに、医師との結婚を望む気持ち以前に看護師と医者は仕事を共にしますから、「結婚」と言うゴールをつかみやすいのかもしれませんね。
実際、医師との結婚を実現した女性に話を聞いてみると「過去に看護師として働いていたので、夫と価値観を共有することができる」と言う人も多いです。
また、女性が看護師だと「医者の仕事の大変さ」を十分に理解している為、男性側にとってもメリットが大きいと言う事情もある様です。
医師との結婚を考える女性は多くても、その仕事の大変さや過酷さ、責任の重さを十分に知っている女性は少ないです。
ハッキリ言って、「医者はお給料が高い」と言うだけで医師との結婚を夢見る女性も少なくありません。
こういう女性は医師との結婚を実現できたとしても、その後の生活の過酷さについていくことが難しいでしょう。
では、医師との結婚で看護師だった場合は巧くいくのでしょうか。

医師との結婚で看護師だった場合、男性側にも様々なメリットがあります。
看護師は医者の仕事の辛さを身をもって知っていますから、頼りがいもあるでしょう。
しかし、そんな「医師との結婚には看護師が一番」と思われそうな職業でも、医者との結婚は大変なものです。
「一族が医者」と言う家庭だと、「医師との結婚は医者同士」と言う考え方が浸透していますので、「看護師との結婚」に難色を示す場合があります。
看護師は医師と同じくらい尊い仕事、医師との結婚で不釣合いになることがない職業ですが、そこで反対されることもあるのですね。
残念なことですが、こういった反対があるのに医師との結婚は結婚生活が辛いだけだと思います。
医師との結婚は、価値観が共有できる人を選びたいものです。

医師との結婚は、私たちが考えている以上に大変なことです。
「医師との結婚で将来は安泰」と考えている人も多いかと思いますが、結婚と言うのはゴールではなく始まりです。
医師との結婚から、相手の男性と積み上げていくものの方が大きいのではないでしょうか。
それでも医師との結婚を考えるなら、やはり夫一人に生活を任せるのではなく、自分もそれを支えていける様な度量を身につける必要があると思います。
そういう気概のある女性じゃないと、医師との結婚は難しいのではないでしょうか。
医師との結婚を望む人は頑張ってみて下さい。