結婚相談業ポイントレッスン②

2014-01-10 11:30:05
結婚式の祝電に、新郎・新婦がつい微笑んでしまうようなネタを織り込みたいとお考えになっている方が大多数ではないでしょうか。
ところが結婚式の祝電には意外と「使えるネタ」は限られてくるものですから、意外と難しくなってきます。
絶対に新郎・新婦に受けるだろう、と結婚式の祝電にネタを織り交ぜたら、逆に失礼になってしまう場合も少なくはありません。
そこで結婚式の祝電に使うべきネタというものは、言葉遊びであるとか、そういう凝ったことはしないで、スタンダードなものが良いのではないでしょうか。
加えて結婚式の祝電のネタで「結婚後もお仕事を頑張ってください」というのは、意外と新郎・新婦のご家族に不評なこともあります。

結婚式の祝電自体では、本当に好まれるネタというのは、限られてきますから、気をつけて選んでいきたいものではあります。
最近はさまざまなことがカジュアルになり、結婚式の祝電にも受けるためのネタを入れたいのはわかるのですが、かなりの高等テクニックが必要になってきます。
このような理由もありますから、結婚式の祝電にネタを入れるとしても、どのような立場の方も幸せな気分にさせるものでなければなりません。

結婚式の祝電に使えるネタで私の知人が送ったものですが、「当社は完璧な管理をしておりますので、保証つきです」というものがあります。
この結婚式の祝電で使われたネタはかなり好評で、新郎側も新婦側も非常に嬉しく、また面白く感じられたと言います。
友人の立場で結婚式の祝電にネタを交えるのであれば、このネタを参考にして、新郎・新婦を喜ばせるようなものにしたいですよね。
また新郎・新婦の上司に当たる方の送った結婚式の祝電には「もしも取り扱いにお悩みでしたら、いつでもご相談ください」というネタがあったそうです。
これも一歩間違えるとブラックジョークになりかねないのですが、優しい言い回しで、出席者全員に受けるネタだった結婚式の祝電です。
サイトやブログ、掲示板を使って情報を集めてくと、結婚式の祝電に使えるネタがたくさん見つかるかもしれません。