結婚相談業ポイントレッスン②

2014-01-08 11:10:14
結婚式の電報を打とうと考えたとき、真っ先に悩んでしまうのはどんな言葉を選ぶかになってくるかもしれないですよね。
スピーチほど長くはない結婚式の電報ですから、短い言葉で自分の祝福している気持ちをまとめる必要が出てくるというわけです。
また結婚式の電報を目にしたり、耳にするのは、本当に親しい間柄の新郎・新婦だけではないので、言葉にも気をつけなければなりません。
そこで結婚式の電報の言葉で提案したいのは、あくまでもシンプルでオーソドックスな祝福の言葉になってくるのです。
個性的な祝福の言葉は個人的に新郎・新婦と会ったときに贈れば良いので、結婚式の電報は素直に祝福の言葉だけでいいのではないでしょうか。

結婚式の電報に使いたい言葉はシンプルで素直なものが一番、おすすめですが、中には「無難すぎる」とお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら結婚式の電報は個性を見せるものではありませんし、しきたりやマナーもあるので注意しなければならないというわけなのです。
また長々とも結婚式の電報は送ることができないのですから、言葉もシンプルなものにすることがおすすめになってきます。
新郎・新婦を素直に祝福する短い手紙ともいえるのが、結婚式の電報ですから、出来るだけ簡潔な祝福の言葉を使うようにしましょう。
自分なりの結婚式の電報に向いた言葉を探してみましょう。
まず自分がどれだけ新郎・新婦の二人の結婚を喜んでいるのかが、素直に伝えられる言葉を選びたいのが結婚式の電報です。

結婚式の電報の言葉には短いながらも、祝福が込められている言葉を上手に選んでみたいものですが、そこで迷う方が多いのではないでしょうか。
どのような言葉を選んでいくかで、結婚式の電報が新郎・新婦に喜ばれるものになるかが決まってくるかもしれません。
そこでまずは、自分の素直に伝えたい祝福の言葉を考えてから、結婚式の電報をまとめていくという方法もおすすめです。