結婚相談業ポイントレッスン②

2014-01-07 11:00:07
結婚式の電報のあて先は新郎・新婦の両名にするか、新郎・新婦の旧姓をフルネームで送ることになっていきます。
加えて結婚式の電報の送り主もフルネームで行うことになりますが、連名で送る場合であってもフルネームで行います。
結婚式の電報で少しお得になるのは、配達日の3日前にすると157円値引きされ、NTTのホームページからでは42円お安くなります。
送りたいデザインの結婚式の電報に使う台紙の見本が見ることができますし、値引きしていただけるのですからおすすめです。
まずタイミングが重要ですし、宛て名・宛先がしっかりとわかるようになっていること、送り主は誰かがわかりやすいのがポイントになるのが結婚式の電報です。

結婚式の電報の送り方はそれほど面倒なものではなく、最近は簡単で、気軽に送れるようになっていますから、出席できないとき、利用したいですよね。
やはり結婚式の電報送り方で悩んでしまうことは、文例になってくるかもしれませんが、意外とたくさん用意されています。
新郎・新婦との間柄が親しい場合、どれくらい結婚式の電報の送り方で工夫すればいいかでお悩みになるかもしれません。
しかし結婚式の電報ですから、ある程度、礼儀はわきまえている文例の方が、送られた方も当惑しませんし、送ったほうも恥をかきません。
凝り過ぎた送り方をするのもおすすめできないのが、結婚式の電報でもあるので、少し気を遣いたいものです。
結婚式の電報の送り方についてはネットで簡単に調べることができます。
つまり結婚式の電報というものは新郎・新婦と親しくても、個人的な連絡ではなく、ご家族も含めて送るものだと考えたほうがいいでしょう。
つまり結婚式の電報とはプライベートな手紙やメールではなく、パブリックな通信手段ということを頭に置いて送らなければなりません。
送り方だけでなく、内容も厳しく吟味して、送られた新郎・新婦が嬉しくなるような文例で送りたいのが結婚式の電報です。