結婚相談業ポイントレッスン②

2013-12-25 13:00:08
元カノとの結婚を知って動揺するのはなぜなのか、それを色々と分析すると、人間の気持ちがどういうものかがよく見えてきます。
実際、元カノとの結婚を知ると、自分が結婚できなかったことへのショックがふつふつと沸いてきます。
彼女と結婚できた男がいるということへの劣等感が、元カノの結婚に対する羨みとして出てくるのです。
また、元カノの結婚を知ると、今はもう自分が友達ですらないという事実を突きつけられたようで悲しさがこみあげてきます。
元カノというのは、今までの恋愛の中で好きになれた1人の女性なので、結婚を突き付けられるとやはりショックは隠せません。

元カノの結婚がショックなのは、やはり、気持ちがまだ自分の中にしっかりある証拠と言えるかもしれません。
それが未練に繋がるので、元カノに彼氏が出来たり、結婚したことなどを知るとどうしてもショック受けるわけです。
要するに、元カノの結婚を知ってしまうと、感情に乱れが起き、どうしようもない気持ちが動揺させるのです。
やはり、元カノのことを好きだったからこそ、結婚したことを知ると、動揺した感情になってしまうのではないでしょうか。
基本的に、元カノにフラれる時というのは、自分の中で別れる準備というのはできていない場合が圧倒的に多いものです。
そう言う意味で、元カノの結婚がショックに繋がるのは、やはり、フラれたことも大いに関係があるでしょう。
他にも、出会った年齢も関係していて、元カノと出会ったのが、10代と20代では、結婚の近さが違います。

元カノに対して多少なりとも未練があるからこそ、結婚に対して動揺し、感情をかき乱されてしまうのです。
袖振り合うも多生の縁と言いますが、元カノとの出会いはそれ以上に濃い縁なので、結婚の話はやはりショックです。
やはり、元カノの結婚に対するショックは、究極のところでいうと、本性は未練ということになりそうです。
頭では未練がないと考えても、元カノの結婚に動揺するというのは、心の奥底には、ちょっとは未練がある証拠です。
元カノと復縁したいとか結婚したいとかいう気持ちはなくても、実際に結婚した話を聞くと、未練の想いがわいてきます。
結婚の話を聞いて、少しでも彼女と別の違った未来があったのではと考えるということは、元カノに対して未練がある証拠なのです。