結婚相談業ポイントレッスン②

2013-12-22 09:40:35
元カノとは、以前に付き合っていた彼女のことを指し、彼女と言う言葉に元をつけることで状態を表しています。
一般的によくあるのが、付き合っている彼に今の彼女が元カノと比べられることがよくあり、非常に嫌がります。
元カノと比べられるというのは、女性にとっては屈辱で、それでも彼は自然と比較しようとします。
また、今付き合っている彼女が口うるさく感じるとき、男は元カノのことを思いだしたりすることがよくあります。
そして、生活習慣のことや、マナーのことなどで細かすぎる注意を繰り返す彼女だと、元カノが恋しくなります。
男性は口うるさく感じる女性に接していると、元カノがなつかしくなり、ふと思い出したりします。

元カノが当時、付き合っていた時、うるさく言っていたにも関わらず、過去を美化してしまう男性は多いものです。
今の彼女への不満から、つい元カノならうるさく言わなかったのに、と思ってしまうのが男性なのです。
男性は、上から目線のダメだしを彼女からされたとき、やはり、元カノののことを思いだしてしまいます。
男性は上から目線の女性の発言にはとても敏感で、いちいちダメだしをされると息苦しく感じ、元カノだったらと過去に逃げてしまうのです。
たとえ、彼女が彼のためと思っていたとしても、上から目線でものを言うのはタブーで、元カノを思い出させることになります。
彼の発言に対して、あり得ない、全然ダメなどのネガティブな言葉で否定すると、彼のストレスは大きくなり、元カノを呼び起こします。
彼女から嫌味を言われ続けたとき、男は元カノのことを思いだすもので、男性はねちねち嫌味を言われるのはダメです。

元カノを男が思いだす時というのは、なんと言ってもストレスが溜まっている時なのです。
彼女の言い分が正しかったとしても、嫌味っぽく言われると男は素直には受け止められず、元カノを思いだします。
彼女が彼に文句があるなら、はっきり問題点を告げないと、彼に元カノを思い出させれることになります。
男は彼女から元カレの話をされたときにも元カノのことを思いだし、これは当然かもしれません。
今彼の前で、元カレはこうだったなどデリカシーのない発言をすると、元カノを彼に思い出させることになります。