結婚相談業ポイントレッスン②

2013-12-21 16:19:05
結婚の決め手のきっかけというのは、色々あるでしょうが、中でも多いのが、なんとなく勢いでというものです。
実際、結婚の決め手のきっかけというのは、元々、最初から結婚を前提に付き合っていたという現実的なものが多いです。
また、具体的に、彼女が妊娠したというものもあり、それが直接的に結婚の決め手のきっかけになったりしています。
プロポーズされた、勢い、妊娠というのが、結婚の決め手のきっかけの大多数を占めているようです。
少なくとも男性の結婚の決め手のきっかけは、計画的にというよりは、なんとなくなりゆきでというものが多く見受けられます。
なんとなくというのが結婚の決め手のきっかけに多く、結果的に、自然と結婚しているパターンが多いのです。

結婚の決め手のきっかけで、プロポーズが女性に多いのは、男性のアクション待ちがそれだけ多いことを示しています。
結局、結婚の決め手のきっかけというのは、計画的にというわけには中々いかないのが現実のようです。
妊娠の結果として、最終的に、プロポーズが結婚の決め手のきっかけになるケースも少なくありません。
それ以外の結婚の決め手のきっかけとしては、結婚できるだけの貯金が貯まったというものも多く、これは男性、女性問いません。
転勤というのも、結婚の決め手の1つのきっかけになっているようで、離れることが大きなきっかけになっています。
また、相手の親に結婚を迫られた、周囲がバタバタと結婚を始めたというのも結婚の決め手のきっかけによくあります。
子供が欲しくなったという結婚の決め手のきっかけも多く、中には、家を建てたかったというものもあります。
実際、結婚すると自由に使えるお金が減り、家事が増えるのはしょうがないことで、結婚の決め手というのは、慎重にならなければなりません。
結婚は、幸せにしてほしい派が意外と多く、幸せにしてあげたい派が少ないので、結婚の決め手のきっかけとして、それを利用するといいでしょう。
幸せにしてほしいとあこがれて結婚する人が多いで、それを結婚の決め手のきっかけの起爆剤にすると良いのです。
一緒に幸せになりたいと感じることが、何よりの結婚の決め手になりそうです。