結婚相談業ポイントレッスン②

2013-12-18 17:20:05
結婚の決め手というのは、色々あり、それはその人によって、結婚観というものが大きく違うからです。
実際、結婚観は人それぞれなので、中々、結婚の決め手が見つからないという人は多く、現代人は特にその傾向があります。
抽象的なことを結婚に踏み切れない理由として挙げる人はけっこう多く、結婚の決め手がわからない人が増えています。
やさしくてマジメで、浮気もせず、仕事もしっかりやっているいい人は、理想的な結婚の決め手になります。
しかし、素敵な相手がいても、結婚観が定まらず、中々、結婚の決め手がハッキリしない人はたくさんいます。
そもそも、結婚の決め手というのは、何なのかを考えた時、漠然としていて、情熱というかパッションのようなものとしか言えません。
恋愛の最初のころは、どのカップルの間にも燃え上がる炎がありますが、それが結婚の決め手になるとは言い切れません。

結婚の決め手は、時間の経過とともに変わってきて、結婚観と共に、炎がだんだんと小さくなっていきます。
なんとなく結婚の決め手というのは、結婚観と共に漠然としていて、きちんと定まりにくいものです。
相手との関係にどこか冷めた部分がある場合、特に結婚観に結びつきにくく、結婚の決め手にはなりません。
どうせなら、自分のほうが好きでたまらないと思って付き合った方が、結婚観も定まりやすく、それが結婚の決め手になったりします。
相手のことが大好きで付き合っていけば、相手と結婚したいなあという考えが芽生えやすく、結婚の決め手になりやすいです。
ほれた弱みが自分にはなく、相手のほうにあることが結婚の決め手に欠ける大きな理由になっているのです。
実際に結婚の決め手がない人は、結婚観に乏しく、相手はとてもいい人なのに、生活がイメージできないケースがよくあります。

結婚の決め手といのは、ある種、結婚観と並行する部分があり、しっかりとした結婚観がないと決め手になりにくい部分があります。
但し、完全なる結婚観というものはなく、ある程度は結婚の決め手についても、妥協は必要かもしれません。
お互いに100%満足できる、完ぺきな相手というのはいないので、結婚観と共に結婚の決め手についても妥協点は必要なのです。
どうしても相手が結婚の決め手にかけると思ったときは、その相手に、100点満点で採点してみるといいでしょう。
相手が60点とか70点でも、十分に合格点と言えます。
愛するよりは愛されているほうが結婚するには幸せなので、そのことを結婚の決め手として、よく考えるべきでしょう。