結婚相談業ポイントレッスン②

2013-12-10 16:00:11
紹介で知り合って結婚するのはよくあることだと思います。
友達の紹介だったり、学校の先輩や職場の上司の紹介で結婚、なんてこともよくあると思います。
そもそも、学生のうちはまだいいですが、社会人にもなれば異性と知り合うための時間は早々取れません。
出会いの時間を見つけることが難しくなりがちです。
職場によっては同性しかいなかったり、あるいは年齢がとても離れていたりして、異性として付き合う気にはなれません。
そういった場合、誰かの紹介で結婚するというのはとても良いことだと思います。
自分には異性と付き合う資格がない、などと卑下せずに、一度トライしてみてください。
また、仕事が忙しいからというのも、結婚する理由を遠ざけるのにはイマイチです。
いつかは年を取り、誰でも老いる頃がやってくるのですから、生涯を通して一緒にいられるお相手を見つけるのはとても大切なことです。

付き合うということがどうしても難しいようであれば、初めから恋愛関係を望まずに、まずは友人からはじめることを念頭に置いてみてください。
出会ってすぐに付き合うよう告白して、相手に不快な印象を与えては逆効果です。
何よりも紹介してくれた人との信頼関係に傷がつき、その人とも付き合う事ができなくなります。
良い相手と付き合うことにより、一歩抜きん出ようという算段です。
それならば大いにインターネットを活用すべきではないでしょうか。
自分の周りの友人から付き合う人を紹介してもらおうとなると、どうしても似通った人間ばかりになってしまいます。
ここは一つ、新しい人とネットを通じて付き合うことで、交流の場を広げてみてはいかがでしょう。
意外と好条件の相手と付き合うことができるかもしれません。

付き合うという関係にはもちろん、恋愛関係としてだけでなく、趣味や価値観の近い、いわゆる良い友人として付合うようになれることだってあります。
友達から友達へと、付き合う輪を広げることは、いずれ自分のステータスにもなるでしょう。
紹介で結婚することができるかどうかは、他人に関心があるか、人のいいところを見れるかどうか、というのもポイントです。
例え友人に紹介された人が気に入らなかったとしても、無下に扱うような真似は避けてください。
もちろん、ネット上で付き合う相手に対しても、基本的なマナーは忘れないようにしてください。