結婚相談業ポイントレッスン②

2013-11-24 16:30:12
指輪のサイズは人生の中で何回測ることがあるでしょうか。
普段指輪を付けない人、仕事柄付けられない人はおそらく自分の正確な指輪のサイズを知らないと思います。
それに、指ってよく動かす部分なので細くなりやすい反面、むくみやすい部分でもあるので指輪のサイズは変わりがちです。
特に指輪のサイズは1mm単位で変わるので、1号や2号くらいの変化はよくあることなのです。

指輪のサイズを知らなくても、指輪を買いたければお店に必ずリングゲージがあるのでそれで調べることができますよね。
でも最近は指輪などの宝飾品もインターネットで買う時代です。
インターネットで欲しい指輪を見つけても、指輪のサイズが分からないと試着もできないし、怖くて買えませんよね。
よく画面上に輪っかの絵と指輪のサイズが記載されていますが、平面上の輪ではどうにも自分の指と合わせることはできません。
そんな場合に役に立つ指輪のサイズの測り方が、紙や紐を使う方法です。
つけたい指の一番太い場所に紙か紐を巻きつけ、重なるところに印をつけることで指輪のサイズを測るんです。
印をつけたら定規で印までの長さを測り、指輪のサイズ表などで円周を確認すればいいんです。
指輪のサイズ表は色々なサイトで手に入れることができますのでそれを利用するといいでしょう。
彼女や奥さんにサプライズで指輪をプレゼントしたいときに指輪のサイズの検討がつかないとどうにもなりませんよね。
男性は女性の平均的な指輪のサイズさえ知らない人が多いのです。
女性で指輪のサイズが13号というと恥ずかしくて彼に言えないという人もいますが、実際に男性が13号と聞いても、太めという認識がある人はほとんどいません。
男性にとっては太いかどうかより、彼女の指輪のサイズが分かっただけで収穫なのです。
彼女に直接指輪のサイズを聞けない男性はあの手この手をつくすようです。
タレントの藤井隆さんは同じくタレントで奥さんの乙葉さんの指輪のサイズを測るために、飲み屋でストローの紙を使って指輪を作り、はめさせたといいます。
他にも、こっそり彼女の指輪をはめてみて、自分の指のどこでつっかかったかを覚えておいて、後でお店でその部分を参考に指輪のサイズを測るという人も。
そこまでして指輪のサイズを調べてくれるような彼なら、プレゼントしてくれた指輪よりも大事にしたいですね。