結婚相談業ポイントレッスン②

2013-11-23 16:20:06
指輪のサイズが変わってしまってゆるくなってしまったことや、入らなくなってしまったことってあると思います。
また、プレゼントでもらったけど、相手が指輪のサイズを知らなかったために自分に合わなかったということもあるでしょう。
どうしても欲しいと思ったものは自分の指輪のサイズがなく、生産終了でオーダーもできないということもあります。
指輪のサイズが合わない理由は色々ありますが、そのような場合はお直しすることができます。
特に結婚指輪なんかは毎日きっちり、長い間身に付けるものなので0.5mm単位で指輪のサイズ直しをする人も多いようです。

指輪のサイズ直しは大きめのジュエリーショップで購入した指輪なら1年以内であれば無料でやってくれるのが一般的です。
そうれなければ、だいたい3000円から5000円くらいが指輪のサイズ直しにかかる費用の平均と言われています。
もちろん、この費用は指輪の原料やデザイン、指輪のサイズを大きくするのか小さくするのかでも変わってきます。
シルバーの指輪のサイズ直しはゴールドやプラチナと方法が異なるため、10000円以上することも多いようです。
一般的に、指輪のサイズを小さく直す場合より大きくする方が地金を足すことになりますのでそれだけ費用が高くなります。

指輪のサイズ直しができるのはプラチナとゴールド、シルバーというところがほとんどです。
ピンクゴールドなどは指輪のサイズ直しの工程で変色したりするリスクがあるので断られるのが一般的のようです。
また、シルバーは指輪のサイズ直しをする際、全体に火が当てられるので石や異素材のものがデザインでついているものは溶ける可能性があるため断られるようです。
それから、シルバーの指輪には混ぜ物が入っていることが多く、その混ぜ物によっては指輪のサイズ直しの工程で指輪に亀裂が入ってしまうこともあるとか。
きちんとした所であれば、このようなリスクの説明をして、お客さんの了解を受けてから指輪のサイズ直しを行ってくれます。
でも中には指輪のサイズ直しができると言ったのに、歪んでしまいました、なんて変形した指輪を返してくるような信用できないお店もあるようです。
指輪のサイズ直しをしてでも長くつけていたいと思う指輪なら、信用できるところでお直しをお願いしたいものです。
指輪のサイズ直しを依頼するときにはしっかりとリスクの説明を受けるようにしたいですね。