結婚相談業ポイントレッスン②

2013-11-18 15:30:05
フェロモンを自在に操ることが出来るようになれば、それは人間という種の中でかなり優位に立っていると言えるでしょう。
よく無意識に異性を虜にしていると言いますが、これの背景にはフェロモンが関与しているものと思われます。
分泌されているフェロモンを受け止める器官が存在するのなら、それほどの不都合はなくなります。
人に比べてフェロモンの出る量が少ないという方は、今から絶望する必要はありません。
人間におけるフェロモンの出処は、よく分かっていない部分もあるのですが脇の下が確認されています。

フェロモンの正体は汗臭さのようにも感じられるのですが、実際には全くの別物です。
むしろフェロモンが分泌されている時は、汗臭さも中和されているという話があります。
そして肝心のフェロモンを増やす方法についてですが、性ホルモンが充実している状況が良いとされています。
つまり、フェロモンを増やすためにはホルモンを増やしてあげる事が近道となるのです。
ホルモンというと男らしさや女らしさの根幹をなすものとして知られていますが、となると汗臭さとフェロモンの矛盾点から食い違ってくるように見えます。
必ずしも男性ホルモンが多く分泌されているからといって、汗臭さに直結する事はなくフェロモンの邪魔をする事もなさそうです。
もっともフェロモンの効果として汗臭さを打ち消すものがあったので、大きな問題ではないのかもしれませんね。
誤った情報を鵜呑みにすると大きな失敗をしかねないので、フェロモンについてハッキリさせておく必要がありそうです。

フェロモンの増やし方がホルモンに関係してくるという事で、鋭い女性は気付かれたかもしれません。
そう、女性ホルモンと似た働きをする事で知られているイソフラボンです。
もちろん、だからと言ってフェロモンを出そうとしてイソフラボンを大量に摂取すれば良いという話にはなりません。
イソフラボンの過剰摂取による弊害も気になるところなので、フェロモンは程々が良さそうです。
よく言われる、恋をすると良いというのは満更な話でもないようですね。
恋愛状態に陥る事によって性ホルモンが活性化されて、結果的にフェロモン分泌の手助けをするのです。