結婚相談業ポイントレッスン②

2013-11-16 15:10:04
フェロモンをなにか良い匂いのする物質、と思っていませんか。
いきなり匂いについて言及するのではなく、まずはフェロモンとは何たるかについて考えてみましょう。
そもそもフェロモンとは、昆虫なんかの世界ではよく知られた物質ですね。
メスがオスを惹き付けるのに使ったり家へ帰るのに使ったり、様々な場所でフェロモンが活躍しています。
では人間はどうか、という話になるのですがフェロモン自体はあるという考え方が現在では主流のようです。
しかしフェロモン自体には匂いがないと言われているため、男性で言うところの汗臭さは少し違ってくるでしょう。
むしろフェロモンは臭いを打ち消す効果があるため、汗臭さを感じる状態はどの道良い状態とは言えないようです。

フェロモンにニオイ菌を相殺する効果があるとするなら、つまり体臭は気にならない方が良いという話になります。
しかし現実には、何だかよく分からないけどいい匂いを感じ取る人がいます。
身に付けているものや普段使用している匂いの発生源となり得るものとは異なる、独特のいい匂いに対してフェロモンではないかという考えがあります。
しかし、前述したようにフェロモンは無臭であるとも言われています。
単純に匂いとフェロモンとを結び付けるには、まだ何か情報が不足しているかもしれません。
匂いはひとまず置いておくとして、フェロモンの増やし方について考えてみるのはどうでしょう。

フェロモンは、虫の世界では非常に大きな意味を持つ物質です。
場合によっては相手を支配してしまう事さえ可能なので、ここから人間とフェロモンを関連付けて恋愛に絡めた話が出てきたとしても不思議はありません。
ただし人間は虫と比べて遥かに高度な知能を持っているため、フェロモンで行動の全てを支配できるかどうかは怪しいところがあります。
フェロモンに期待するのも良いですが、努力できる部分を頑張ってみるのが先でも良いのではないでしょうか。
容姿を変えるのは限られた方法となってしまいますが、顔の作りが絶対的な評価でない事はフェロモンの話からも見えている事です。
何となくモテる人からはフェロモンが多く出ているというのは、あながち間違った考えではないでしょう。