結婚相談業ポイントレッスン②

2013-11-13 14:40:04
フェロモンイコール色気と、そう考えていませんか。
確かにテレビなんかを見るとフェロモンがどうのこうのという話が飛び交っており、すぐに色気と関連付けられてしまうのも納得の話でしょう。
もちろんフェロモンと生殖行動とには何の関わりもないという事ではありませんが、安直に両者を関係付ける事もできません。
その違いをハッキリさせるためには、まずフェロモンとは何たるかを突き止める必要がありそうです。
色香の強い女性を指してフェロモンがムンムンだとスケベなオジさまが口にしていますが、これは比喩的な表現と言えるでしょう。

フェロモンは何も生物学的にばかり語られるものではなく、比喩的に心理学のような分野で用いられる事もあるでしょう。
いわゆる色気や男らしさ女らしさに通じる部分で、フェロモンが多く出ている異性は性的な魅力が高いという事になります。
女性で、特に露出が高い服を着ているわけではないのに何だか艶かしい気がする時にフェロモンが出ていると表現されます。
それは気のせい、と言いたくなるところですが多くの男性がその女性に対して同一の感情を抱いているのであればフェロモンは出ているのでしょう。
問題は、どうやってフェロモンを出すかという話です。
常に垂れ流していれば良いかというと、それはそれで都合の悪い時もあるでしょう。
意図的な出し方を女性が身につける事が出来れば、表面的にはそれと意識させなくともフェロモンによって男性を魅了してしまうのです。
バチッとメイクやファッションでキメるのは、それはそれでコケティッシュな雰囲気が出せるのかもしれませんがイメージするフェロモンとは違ってきそうです。

フェロモンという言葉の説明に対して正しい解答ではないかもしれませんが、既に一つの意味が確立しつつあります。
全体的な話の内容から、そのフェロモンが何を指しているのかを読み取る必要がありそうです。
言葉遣いは、特にその人物の内面が現れやすい部分です。
幾つか見直してみる事で、今まで知らなかった自分のフェロモンが見えてくるかもしれませんね。
何をするにしても健康は要なので、睡眠や生活習慣を改める良い機会かもしれませんね。