結婚相談業ポイントレッスン②

2013-11-12 14:30:05
フェロモンとは何かと聞かれて、具体的に答える事は難しくても、何となくイメージできるという方はかなり多いかもしれません。
では、フェロモンに関する具体的な話となるとどうでしょう。
簡単に言うと、情報伝達の手段の一つといったところでしょうか。
人間で言えば言語が情報伝達においては最も多用される手段ですが、これを持たない動物はフェロモンによって様々な情報のやり取りを行います。
それでは、人間はフェロモンを持たないのかという話になります。
確かに言語という便利なツールがある時点でフェロモンは必要ないようにも感じますが、実際には存在します。
ただし、よく言われているフェロモンの見据える先にある姿を真実として捉えてしまう事には少々の不安があります。

フェロモンは、目に見えて分かる性的興奮を煽るようなものではありません。
フェロモンが多く出ているから魅力的に見える、というのも感覚として分からない話ではありませんが正しい認識がされているとは言い難いです。
メスの蛾が発するフェロモンによってオスの蛾が引き寄せられるという話から、間違った認識が広がったのかもしれませんね。
人間のものとして比較的有名なフェロモンとしては、性周期同調フェロモンが挙げられるでしょう。
女性特有のフェロモンですが、無臭なのでハッキリそれと認識する事は出来ないかもしれません。
臭いを鼻で感じ取るように、フェロモンにも専用の感じ取る器官が存在するのです。

フェロモンについては、人間のもので考えるよりも動物特に昆虫のもので考えた方が良いかもしれません。
かなり多くのフェロモンについて研究がされており、感覚としても掴みやすいと思います。
例えばアリが餌を見つけて元の巣に帰ってくる行為は、道標フェロモンというのもによって行動が成立します。
たくさんのアリが列を作って同じ餌に辿り着くのも、このフェロモンの効果によるのです。
人間にとってはあまり馴染み深いものではありませんが、動物の世界に迫ってみるとフェロモンは生活の傍に存在している事が分かります。
もちろんアリばかりがフェロモンを出しているような事はなく、様々な動物や虫が行動の一端に用いています。
フェロモンについて詳しい話は、ブログやサイトから関連する情報をチェックしていくと見えてくるでしょう。